世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アメリカ・カリブ海 > メキシコ > チュレータ・デ・セルド chuleta de cerdo el pastor [豚スペアリブステーキ]

チュレータ・デ・セルド chuleta de cerdo el pastor [豚スペアリブステーキ]

チュレータ・デ・セルド 豚スペアリブステーキ
セルドcerdoが豚、チュレータchuletaはあばら肉という意味のスペイン語。豚のスペアリブステーキです。パストールpastorは羊飼いのという意味になるので、羊飼い風豚ステーキ。
少し酸味があり、甘めのたれにつけた豚のスペアリブを焼いたもので、フライドポテトとサラダを添えてあります。
味付けは地方やお店によって違いますが、豚の脂や肉がガッツリ食べたい時に頼むといいですよ。肉食べた~って気分に浸れます。

チュレータ・デ・セルド 豚スペアリブのフライ
これもチュレータ・デ・セルド

ちなみにメキシコ料理発祥の地と呼ばれるブエブラでは、
トマトや唐辛子が入ったソースがたっぷりかかったものが定番です。
右写真はメキシコではなくグアテマラで食べたもの。
豚スペアリブに衣をつけて揚げたものにソースをつけて食べます。

中華料理などのように料理名に調理法まで入っているとわかりやすいのですが、
スペイン語は素材名そのままで呼ぶ場合があるので、「ソースは?」と聞いてみないと
想像しているのと違った味が出てくる可能性があります。
豚肉の名称の後に調理法がかかれていれば問題ありませんが。

メキシコはアメリカのすぐお隣という地理も影響していそうですが、
とにかくお肉大好き!っていう人にはたまらない気がします。
ビールが日本より軽めなので、水代わりにビールを飲みながら流し込める。
その上、前菜はトルティーヤチップスだったりするので結構栄養が偏ります。

野菜をたっぷり食べるアジアの国からきたものとしては、少々困る食生活になりますが、
スープとかを一緒に頼んで無理矢理野菜をとりましょう。

フォンダ・エルレフヒオ Fonda el Refugio

フォンダエルレフヒオ店内
フォンダエルレフヒオ外観
Liverpool No.166, Zona Rosa メキシコシティTel: 5525-8128

メキシコシティのソナロッサにあるしゃれたメキシコ料理店。
値段もそれなりにするので客の年齢層は高い。
外国人観光客と接待のメキシコ人が落ち着いて食事をしていました。
メキシコを出国する最後の日に食べにきたりするのがいいかも。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る