世界の食べ物 a food of the world > アメリカ・カリブ海 > ペルー > パパ・ア・ラ・ワンカイーナ papa a la huancaina [ジャガイモのチーズソース]
パパ・ア・ラ・ワンカイーナ papa a la huancaina [ジャガイモのチーズソース]

パパ・ア・ラ・ワンカイーナ papa a la huancaina [ジャガイモのチーズソース]

パパ・ア・ラ・ワンカイーナ茹でたジャガイモにチーズとアヒ(唐辛子)、エバミルクで作ったチーズクリームソース:ワンカイーナソースをかけたもの。
ペルー料理にはアヒ類をすりつぶし、油と塩、生チーズ、ハーブで味を調えたソースが欠かせないが、これもその一つ。なめらかな食感のチーズソースにアヒアマリージョとハバネロなど数種類の唐辛子がぴりっと効く。

パパ・ア・ラ・ワンカイーナ

アグアスカリエンテスのレストラン

この料理は鉄道建設の労働者向けにワンカイヨ地方の女性が
作ったのが起源とされているそう。
写真のソースにはさらに粉砕したトウモロコシも入っていましたが、
多くのレシピではトウモロコシは使わないみたいです。
 
ジャガイモはアンデスの食卓には欠かせません。
旅行者でもスープや付け合せに必ず入っていて食べない日はないし、
アンデスの人々はそれこそ朝も昼も夜もジャガイモを食べます。
だからこそ、ジャガイモ料理のバリエーションが増えたのでしょう。
 
中米諸国でポピュラーなトウモロコシはあまり食卓に姿を見せません。
トウモロコシは温暖な気候に適した作物で、標高3,000m以下でないと
育たないからというのがその理由。
 
ジャイアントコーンの原産地ウルバンバ地方は2800mくらいだもんね。
なるほど。(しかもこの品種は世界中でここでしか育たないらしい。)

ワンカイーナソースにトウモロコシの粉が入るとちょっとぽそぽそします。
なめらかなソースが好きな人はイヤかも。
 

パパ・ア・ラ・ワンカイーナのレシピ リンク

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る