世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アラブ・アフリカ > トルコ > クル・ファスリエ kuru fasulye [白インゲン豆のトマト煮込み]

クル・ファスリエ kuru fasulye [白インゲン豆のトマト煮込み]

クルファスリエ 白インゲン豆のトマト煮込みファスリエfasulyeはトルコ語で白インゲン豆を指します。
クルがつくと「乾いた」、つまり乾燥豆。ターゼは「新鮮」という意味で、生の莢付の豆のこと。
乾燥した白インゲン豆を水で戻してから、煮込んだ料理。羊肉も一緒に煮込むこともあります。
豆料理なだけに地味な上、見た目がスープに近いので、付け合わせかと思いきや、これはトルコ人のお袋の味であり、立派なメインディッシュです。

ターゼ・ファスリエ インゲン豆の煮込み
こちらがターゼ・ファスリエ

クルファスリエもターゼファスリエも街のロカンタに大抵並んでいます。
煮込んだ豆にサルチャと呼ばれるトマトペーストで色づけをしてあり、
素朴で優しい味わいです。
スパイシーで味つけの濃い羊料理に飽きた頃に食べるとほっとできる。
日本の料理で例えると、肉じゃがやカレーあたりの位置づけのようです。

しかし、私、子供の頃この料理食べていました。
というのも、給食のメニューに毎月必ず入っていたのです。
「豆の煮込み~?!」とこのおかずの時はがっかりだったのですが、
と、トルコ料理だったとは・・・。栄養士さんってば国際的だったのね!

乾燥インゲン豆を戻していたのか、缶詰だったのかは謎ですが、
安くて栄養たっぷり。給食メニューとしては理にかなっていると思います。
子供が喜んだかどうかは別の話ですけど・・・。
私はちゃんと残さず食べたけど、特に好きじゃなかったな~。

クルファスリエのレシピ リンク

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る