世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > 中国 > 目魚面 mù yú miàn [イカのすり身麺]
目魚面 mù yú miàn [イカのすり身麺]

目魚面 mù yú miàn [イカのすり身麺]

目魚面 イカのすり身麺 箸でつまんだところ目魚mu yuはイカ、面は簡体字表記で用いる麺のこと。イカのすり身を綿状に細長く成形しながら茹で固めたもので、野菜(恐らく酸菜)を練り込んであるため緑色をしています。
その緑麺をもやし、エノキダケと共に油で炒めた料理で、味の決め手はパイタンスープです。
弾力がある魚のすり身の麺にもやしやエノキの歯ごたえが加わりバランスがよい。唐辛子でほんの少しピリ辛なのもアクセント。中国料理もいろんなモノがあるんだなぁとしみじみした料理です。

目魚面 イカのすり身麺 アップ

目魚面 イカのすり身麺

中国南部の海岸沿いの都市は新鮮な魚介類が手にはいるため、
魚をメインにした料理が数多くあります。
そして魚、海老、いかなどをすり身を使った料理もいろいろありますが、
団子状にしてスープに加えたモノが最もポピュラーな気がします。
なのでこうやって麺状に加工されたモノはなかなか新鮮でした。
 
またこの麺を食べた翌日、バスで乗り合わせたお客さんの足下に
「酸菜目魚面」と大きく印刷された段ボールが置いてあり、
「あ!もしやあの緑色は酸菜を練り込んだのか!」と想像。
実際に作るところを見ていないため、今のところは単なる憶測ですが、
福建省では酸菜は料理に多々登場するため、あながち間違ってないのでは?と思っております。
その加工品そのものを確認してくるのを忘れてしまったので、
次回行くことがあったら探します!中途半端な報告ですいません。
土産に買って帰る人がいるくらいだからきっと名物だと思うんですよね。酸菜目魚面は。
 

亜珠海鮮大酒楼

亜珠海鮮大酒楼
亜珠海鮮大酒楼の水槽とメニュー

斗西路156-158号祥和広場南楼5楼 tel:2206800, 2288756
 
白灼章魚をだす屋台から始まった海鮮料理屋。
市内にいくつかの支店がありますが、斗西路のお店は繁華街にも近く、
観光客にも行きやすい。
店内は広く、テーブル席の他に宴会用の個室もあるので団体客も可。
海鮮は水槽の中から選んで調理法を指定し、その他の料理は写真付きの
メニューから選べるので中国語ができなくても注文は楽ちん。
飲茶の様なワゴンでおばちゃんがつまみを売りに来るので、それをつまみながら料理が出てくるのを待つのもよいですよ。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る