世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > 中国 > 川椒菠菜 [ほうれん草の四川風ピリ辛炒め]
川椒菠菜 [ほうれん草の四川風ピリ辛炒め]

川椒菠菜 [ほうれん草の四川風ピリ辛炒め]

川椒菠菜 四川風菠薐草のピリ辛炒め アップ中華の料理名は、材料、調理法、味つけなどの漢字を組み合わせてつけられています。川椒というのは、四川省の唐辛子のこと。菠菜=菠薐草(ほうれんそう)。正式名称にするなら、川椒菠菜炒というところでしょうか。
ホウレン草のピリ辛炒め。味のベースはシンプルに塩で。ピーナッツも一緒に炒めてあり、コクと歯ごたえをプラスしてあります。
青菜炒め=ニンニク炒めが多いだけに意外な組み合わせです。

川椒菠菜 四川風菠薐草のピリ辛炒め

注文したのは中国東北地方の瀋陽の大衆食堂。
野菜料理を探しているのに、知ってる料理名が全く見あたらず、
見慣れない四文字熟語のなかから注文したのがこの一品。
 
出てきた菠薐草の量にびっくり。日本だと材料だけで1000円超える。
そもそも菠薐草って日本の中華料理店で余りみかけません。
ポピュラーな素材なだけに、外食先であまり頼まないのかもしれないし、
それ以前に、量を減らしても1500円くらいとらないと割りに合わず、
やっぱり菠薐草炒めぐらいで1500円は・・・払わないなぁ。
 
また、知ってる料理名が見あたらなかったのは、我々は広東料理など、
華僑が広めた中国南部の料理を食べ慣れていたからでした。
 
広い中国。あまりに地域によって味が違うので、一生かけても一通り食べ歩いてみたいです。
 

馬焼麦

沈阳市沈河区正阳街24号 tel:024-2484218
 
清の時代から続く老舗の焼麦、イスラム料理レストラン。
甘い物はさつまいもの飴がけバスーが楽しいです。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る