世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > 香港・マカオ > エッグタルト 蛋達 egg tarte
マーガレットカフェエナタのエッグタルト

エッグタルト 蛋達 egg tarte

エッグタルトポルトガルにあるジェロニモ修道院が起源の伝統菓子パステイス・デ・ナタを独自にアレンジしてマカオに広がったお菓子。
パイ生地に濃厚なクリームを加えた焼き菓子で、焼きたての熱々を食べると、パイ生地のバターがとろけたところに卵たっぷりプリンの様な濃厚なクリームがマッチして、とろけるような美味しさ。
超高カロリーですが、1つ食べると、もう一個食べたい衝動に駆られること請け合いです。でも食べ過ぎなのよね。それは。


エッグタルト 香港ポルトガル発祥ということで、アジアへは元ポルトガル領マカオから広がった。
冒頭の写真は、マカオでの火付け役となった老舗カフェ:マーガレットカフェ エ ナタのエッグタルト。
テイクアウトの他、店頭でお茶を飲みながらタルトをつまむ女性で一杯のお店。
(ちなみにエッグタルト発祥のお店はコロアンのロード・ストウズ・カフェ Lord Stow’s Cafe)
 
ポルトガル→マカオと流れた物は香港にも行き、定番となっていて、
パン屋さんや飲茶屋など、あちこちで食すことができます。
一時期日本でも流行りましたが、日本は一過性のブームで終わるので、
すぐに食べられるところが減るのがちょっと納得いきません。
 
香港では路面店のパン屋さんで一個だけ買い、食べ歩きもできます。
飲茶のエッグタルト
香港の飲茶屋などで食べれるタイプは、パイではなくタルト生地で
甘めで固まったカスタードが乗っています。見た目も味も別物です。
大きさも小振りな物が上品にお皿で出てくることが多い。
 
反してマカオの老舗カフェや路面店で食べられるタルトは、
温かいままで食べることを前提としていて、甘さは抑えめです。
 
つまり甘みが弱い分冷たくなると物足りなく感じます。
路面店でも保温ケースで売られているのはその為なのですね。
持ち帰りするならオーブンで温めたいところです。
 
旅先で温めて食べるのは無理だし、日本に持ち帰りづらいし、
いっそのこと手作りしてみるといいですよ。
 

エッグタルトのレシピサイトURL

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る