世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > インド > モモ momo [チベット風餃子]
モモ チベット風餃子

モモ momo [チベット風餃子]

モモ チベット風餃子モモmomoは挽肉や野菜などを小麦粉でできた生地で包んで蒸したり揚げたりした食べ物で、チベット料理です。日本ではチベット風餃子と呼ぶ人が多いのですが、肉まん風だったり、小籠包風だったり、形は様々です。
インド北部はヒマラヤ山脈が広がり、その山を越えるとチベットです。チベットからの亡命者が多く住んでいるため、北インドを中心にチベット料理を食べることができます。ヤク代わりに使われるのはマトンやチキン。ベジタリアン向けに野菜だけの餃子もアリ。インド料理に飽きた時に意外と重宝する料理です。

モモ チベット風餃子 ベジタブル&チーズモモ
モモ チベット風餃子 パオズ
フライドモモ 揚げ餃子
揚げモモ。コティともいう。
フライドマトンモモ 揚げ餃子
マトンモモ ヤギ肉入り蒸し餃子
ベジタブルパニールモモ キャベツとチーズのチベット餃子

チベット料理は特にインドの北部地方やチベット族居住区などで食べられます。
チベット料理は味つけが薄く、うまみが足りない印象がありましたが、
インドやネパールで食べるモモは意外と美味しい。
スパイスが豊富に手にはいることなどが原因なのでは?と想像しております。
特に日本人の口に合うのはこのモモだと思います。
(麺類は腰がないのとだしのうまみが弱く、微妙な場合もある。)
 
また、インド国内なのでモモもインド人好みに変化していることもあり、
ターメリックなどが入ってスパイシーなカレーっぽい味だったり、
辛いチリソースで食べたりするところはインド風なのかなと思う。
(※圧倒的にシンプルな塩系の味つけの方が多いです。)
 
またインドではベジタリアンの人口も多いことからモモもベジタリアンで、
パニール(インドのカッテージチーズ)モモやベジタブルモモなど、
さっぱりしたお味もあります。
 
逆に豚肉は食べる地方が限られているため、豚肉のモモは記憶にありません。
肉と言えばマトンかチキンが主流でしょう。
ただし、インドではヤギ肉をなぜかマトンと言うので、マトンはたいていヤギ肉です。
(たまにメニューにゴートと書いてあることもあるが、まれ。)
 
インド北部の旅ではカレーを食べたり、飽きたらチベット料理にしたりと、
変化を付けられるのも嬉しいところです。
コルカタではモモは屋台料理の定番にもなっていて、サラリーマンやOLが
道ばたの屋台で立ち食いしている姿も見られます。
屋台の店主はチベット人ではなくインド人で、すっかり定着している。
 
チベット料理は料理のバリエーションが少なくモモやトゥクパくらいですが、
それでも毎日カレーを食べるのに比べれば日本人には抵抗が少ないでしょう。
醤油を持っていけばさらに充実するかも。(ケチャップかチリ添えだから。)
 
お試しください。

仏教徒の巡礼の時期に出るテント食堂。チベット人経営のモモ屋。
ブッダガヤには仏教徒の巡礼シーズンに臨時屋台が出る。
インド人が経営しているお店も半分くらいあるけど、
チベット人が経営しているお店に吸い込まれます。
これはベジタブルパニールモモ屋さん。お茶はバター茶でした。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る