世界の食べ物 a food of the world

インドネシア

ルブス・ピーサン 茹でバナナ

ルブス・ピーサン rebus pisang [茹でバナナ]

ルブスrebusが茹でる、ピーサンpisangがバナナという意味のインドネシア語。そのまんま茹でバナナです。 日本ではかつては舶来の高級デザート、今や日常のおやつや栄養源として定番のバナナは皮をむいてそのまま食べま…

ナシゴレン インドネシア風チャーハン

ナシ・ゴレン nasi goreng [インドネシア風炒飯]

ナシnasiは米、ゴレンgorengは炒めるという意味のインドネシア語。インドネシア風炒飯です。 野菜や肉の細切れとご飯を炒めケチャップマニスという甘い醤油で味つけ。サンバルと呼ばれるトマト風味の辛いソースを加えて…

俺の餃子の焼き餃子

クオティエ/ジャオジ kuo tieh/jiaozi [焼き餃子]

クオティエkuo tiehは鍋貼、ジャオジjiaoziは餃子を中国語読みしたときの発音を当てた言葉です。つまりはギョーザになります。 肉や野菜で作った餡を小麦粉の皮で包んで焼いた物で、中国語の発音がそのまんまインドネシ…

ケナリの実

ロティ・ケナリ roti kenari [ケナリのラスク]

ロティrotiはパンのこと。ケナリというのはマルク諸島の小さな島バンダ島で採れるアーモンドの様な形をしたナッツの名前です。砕いたケナリをパンに塗りつけてカリカリに焼いたラスクで、甘くない物と甘い物とありま…