世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > インドネシア > フーユンハイ foo yong hai [インドネシア風あんかけ卵焼き]
フーユンハイ foo yong hai [インドネシア風あんかけ卵焼き]

フーユンハイ foo yong hai [インドネシア風あんかけ卵焼き]

フーユンハイ huyunhai インドネシア風かに玉フーユンハイは中華料理の芙蓉蟹(フーヨーハイ)のインドネシア風。溶きほぐした卵に海老や野菜をいれて焼きあげた卵焼きにサンバル(トマトと唐辛子がベースのソース)を使って作った餡をかけたもの。インドネシア中華の定番料理です。
蟹が入ってなくて海老や鶏肉を使っている場合がほとんどですが、海鮮が売りの中華料理屋ではちゃんと蟹入りのこともある。
グロテスクなまでに真っ赤なソースがインパクト大です。

フーユンハイ huyunhai インドネシア風かに玉 切ったところ
フーユンハイのアップ
インドネシア風卵焼き
家庭料理の卵焼き
テロール・ダダール
telur dadar

華僑勢力の強いインドネシアでは中華料理から転じた料理が
たくさんあります。
フーユンハイもそのひとつで、中華料理を出すレストランだけでなく、
今ではインドネシア料理レストランのメニューにも入っていることも。
 
しかし味つけはインドネシア風にしっかり変化しているので、
サンバルの役目が非常に大きい。
ソースがトマトケチャップにすり潰した唐辛子を加えたような味で、
酸っぱくて、甘くて、辛い。そしてとても味つけが濃いのです。
実際にはケチャップを使うのではなくてサンバルを作って、
それに砂糖や水を加えて味を調整しているようです。
 
作り方はとっても簡単で、今の日本の家庭の台所にある道具でできます。
卵を溶きほぐして卵液を作り、すり潰したニンニク、細かく刻んだ野菜や
肉、海老などの具材を混ぜ込みます。
たっぷりの油を注いだフライパンを熱々に熱し、
混ぜておいた具を一気に流し込んで揚げるように卵を焼きます。
片面がこんがりカリカリになったら裏返して両面焼きあげる。
だからできあがりの形が中華鍋の形で丸っこいのです。
 
ソースは別の鍋で作って皿の上で卵の上にあんかけとしてかける場合と、
卵が焼き上がったところで材料を混ぜ合わせたスープの材料を入れて、
水溶き片栗粉を注いで卵に絡めてしまう場合とあるようです。
鍋が汚れないという点では私は後者の方が好きですね。
 
ちなみにインドネシアの家庭料理で出てくる普通の卵焼きも
挽肉や野菜を混ぜた卵液をフライパンで焼いて作るため絶対に丸いです。
油もたっぷり使われていて、日本の厚焼き卵に比べてカロリーもかなり高い。
和食のテクニックって繊細だよなぁって比べてしまいました。
 

フーユンハイ レシピ リンク

インドネシア料理を作ろう!フーユンハイ:バリ島ナビ
フーユンハイ:My ook
Foo Yong Hai(英語):Collection of Indonesian Recipes and Food
egg foo yung – fu yung hai(英語):Indonesian Culinary

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る