世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > インドネシア > ナシ・ゴレン nasi goreng [インドネシア風炒飯]
ナシゴレン インドネシア風チャーハン

ナシ・ゴレン nasi goreng [インドネシア風炒飯]

ナシゴレンナシnasiは米、ゴレンgorengは炒めるという意味のインドネシア語。インドネシア風炒飯です。
野菜や肉の細切れとご飯を炒めケチャップマニスという甘い醤油で味つけ。サンバルと呼ばれるトマト風味の辛いソースを加えて辛みとコクをプラスすることも。基本に味は濃い。
インドネシアに行けば、屋台、大衆食堂、高級ホテル、車内と 至る所で食すことができる。調理方法も味も想像できるし、滅多にはずさないので困った時のナシゴレンって感じ。

シンプルなナシゴレン
ナシゴレン 目玉焼きのせ
アンボンの中華料理屋のナシゴレン
中華料理屋のナシゴレン。
ナシゴレン・ロンボク
ナシゴレン・ロンボク
ロンボク(唐辛子)を売るおばちゃん
市場でロンボクを売る女性

チャーハンは昼食や中華の最後のしめの料理という気がしますが、
このナシゴレンは主に朝食に食べられる。
 
ホテルの朝食ブッフェは勿論、電車の車内食メニューにもあった。
しかし、朝からステーキ食べてる人もいたので、朝食に焼きめしって
たいしたことじゃない気がしたものです。
 
高級レストランなどではエビが入ったり、見た目も味もちょっと豪華。
目玉焼きやエビせんべいを添えて口直しができるのもオツ。
卵は中華チャーハンみたく一緒に炒めたり、目玉焼きにして乗せたり、
錦糸卵のようなものを作ったり、店や作り手により様々です。
 
見た目は黒くしょっぱそうですが、味つけに使われる醤油が甘いので
味つけはちょうど良い。ソース焼きそばに近い物があります。
 
観光客向けのレストランでも一般食堂でもあまり味に差はでません。
軽くなにか食べたいときや料理の選択に困った時にどうぞ。
 
家で作りたくなった時はお好みの材料とケチャップマニス
サンバルアスリがあればOKです。
材料を細かくきっていため、さらにご飯を混ぜ合わせて調味します。
ブンブナシゴレン(ナシゴレンの素)を使えばもっと簡単。
 
お椀にナシゴレンを詰めてキレーにひっくり返して、
最後に半熟とろーりの目玉焼きとエビせんべいを添えれば完成~♪
日曜のブランチにどう?
旗を立てたらお子様ランチっぽいよね。
 
ちなみに右下の写真のナシゴレン・ロンボクですが、
見た目は普通のナシゴレンと変わりませんが、辛いです。
 
ロンボクというのは島の名前ですが、唐辛子の種類の名前でもあります。
唐辛子の辛味エキスをたっぷり出してご飯全体に絡めてあるので、
ピリ辛が好きな方はナシゴレン・ロンボクをどうぞ。
 
ロンボクはそれほど辛くないので食べやすいほうだとは思いますが、
普通のナシゴレンの方が日本人にはなじむとは思います。
 
ナシ・ゴレン・イカン
こちらはナシ・ゴレン・イカン。お魚が入っているナシゴレンです。
アヤム(鶏肉)が定番ですけど、海辺の町は魚の方が簡単に手に入るので、鶏か魚か選べたりします。
見た目は変わりませんけどね。炒め飯ですから。


ナシゴレン テリヤキ
そしてこちらはナシゴレンテリヤキ。テリヤキと聞いて友人がオーダー。
照り焼きっていったら鶏とかブリとかですけど、ナシゴレンです。
要するに照り焼きソースで味付けた炒飯ですね。
まあ、普通に美味しいです。インドネシアのケチャップマニスも甘いし同じようになじむかも?

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る