世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > インドネシア > ピーサン・コラック pisang kolak [バナナのココナッツ汁粉]
ピーサンコラック

ピーサン・コラック pisang kolak [バナナのココナッツ汁粉]

ピーサン・コラック pisang kolak バナナのココナッツ汁粉コラックkolakというのはバナナ、さつまいも、キャッサバなど澱粉質を含んだ果実や果菜を使って作るデザート。ピーサンpisangはバナナです。
パンダンリーフの煮出し汁にココナッツミルク、ヤシ砂糖、塩を加えたスープに一口大に切ったバナナを加えて煮込んだらできあがり。温かい状態でお汁粉感覚で食べたり、氷を加えて冷たくして食べたりします。
生バナナしか食べない日本人には不思議なデザートです。

ピーサン・コラック pisang kolak バナナのココナッツ汁粉

コレック・ピーサン バナナココナッツミルク
カボチャとバナナミックス。

コラックはインドネシア全域でポピュラーなおやつの一つです。
kolekとも言います。日本人にはコラックという呼び方がポピュラー。
観光客はレストランのデザートとしても食べられますし、
屋台やスーパーマーケットでビニール袋に入れたモノを
テイクアウトしてきて食べることもできます。
 
バナナって甘くてどっしりと腹持ちが良いものと思いこんでいましたが、
このデザートを食べてびっくりです。
実はバナナって甘酸っぱいんですね。酸味が結構あるんです。
 
インドネシアではバナナはさつまいもと同様の調理法で使われます。
汁粉にすることもあるし、単純に茹でバナナとして食べることもある。
(コラックはさつまいもで作るのもポピュラーです。)
茹でると甘酸っぱさが際だつなんて、意外な発見でした。
 
汁粉の汁を作る時、ほんのひとつまみの塩を加えます。
日本の汁粉は甘味を際だたせるために入れますけども、
これは甘味だけでなく、バナナの酸味もくっきりとするような気がする。
 
ちょっと小腹がすいた時のおやつとして、また食後の口直しのデザートとして、
もしかしたら夜中にちょっとつまみ食いするのでも問題ないかも。
ほんのりと優しい甘さと酸味が心地よい、癒されるようなお菓子ですよ。
簡単だし、甘さも自分好みに控えめに作れるのもよいですね。
甘さ控えめに作ればダイエット中の間食に食べても問題なさそう。
日本ではヤシ砂糖の代りに黒砂糖で作ればよいかも。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る