世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > インドネシア > タフ・キパス tahu kipas [インドネシア風ひろうす]
タフ・キパス Tahu kipas [インドネシア風ひろうす]

タフ・キパス tahu kipas [インドネシア風ひろうす]

Tahu kipasタフtahuは豆腐、キパスkipasは扇という意味のインドネシア語。豆腐の中ににんじんなどの野菜を詰めた豆腐を揚げたもので、いわばインドネシア風のがんもどきというかひろうすです。
豆腐のさっぱりした味わいにサンバルの辛みがばっちり合って、ビンタンビールと一緒にいただきたい。
バリなど、観光地でもポピュラーでどこでも食べられます。

タフ・ゴレン 厚揚げ豆腐
タフ・ゴレン、厚揚げ豆腐
タフ 豆腐
タフ(豆腐)

インドネシアでは豆腐はポピュラーな食材の一つで、
どこにいってもスーパーや市場で売られています。
 
日本では日持ちせず水分の多い豆腐や絹ごしなど
なめらかな豆腐が好まれる傾向がありますが、
インドネシアでは日本の木綿豆腐よりもっと密度が濃く、
豆がぎゅっと詰まっているような食べ応えがある豆腐が多いです。
 
冷や奴みたいに豆腐をそのまま食べることは全くなくて、
スープに入れたり、揚げたり、中に詰め物したりして食べます。
その一つがタフ・キパスです。
 
サテなどの肉料理の付け合わせの一品料理として合います。
お酒との相性もよいしね。
 
鍋など容器に水を入れて、タフを浮かべて持ち帰る。
昔の日本もそうでしたよね。
豆腐屋のラッパの音に誘われて鍋やボウルを持って買いに行く。
本来、豆腐ってそういう物だったなと思い出させてくれました。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る