世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > インドネシア > タフ・テロール tahu telur [豆腐のかき揚げ]
タフ・テロール tahu telur [豆腐のかき揚げ]

タフ・テロール tahu telur [豆腐のかき揚げ]

タフ・テロール 豆腐のかき揚げタフtahuが豆腐、テロールtelurが卵を指すインドネシア語。タフ・テロールとはインドネシア風の卵焼き。インドネシアの卵焼きはたっぷりの油の中で揚げるように焼きます。
この料理はそれがいきすぎた感じ(笑)バクワンbakwanと呼ばれるかき揚げとタフ・テロールの中間くらい?豆腐を卵で絡めた後、直径10cm、高さ20cmの筒型に入れてたっぷりの油で揚げてあります。
さすがに「食」を楽しみ始めた首都ジャカルタの料理です。

タフテロール 豆腐のたまごとじを崩したところ

タフ・テロール 豆腐のかき揚げ ピーナッツソース添え

玉葱のかき揚げ アンボンの路上の買い食い
バクワンbakwan
インドネシア風かき揚げ

タフ・テロールは一般的にはフライパンで作った豆腐入りの卵焼き。
これはとあるレストランのメニューで見つけて思わず注文した一品。
茶色い筒状の物体に野菜の千切りとピーナッツがトッピングしてあり、
別添えのピーナッツソースを付けながらたべます。
 
ナイフで衣を崩してみると1丁分はあろうかというくらいの豆腐が
ごろごろと入っております。つまり中身は豆腐だけなのです。
 
衣の卵液は高温の油で一気にじゃっと揚げられたようで、
水分が抜けてサックサクのクリスピーな仕上がり。
粉は使ってないかつなぎに少しいれたかどうかってところです。
 
実は私は似たようなものを日本で食べたことがあります。
確か沼津漁港の観光市場の食堂だったと思いますが、
かき揚げを筒状の型に入れてあげたかき揚げタワーです。
あれは食べてる途中で胸焼けした記憶があります。
トニーローマのオニオンリングも20×10×10くらいある直方体です。
 
シェフがこういった料理をまねしたのか、独自の発想なのか、
いずれにせよ外食を楽しむ層が多い大都会ジャカルタならではの
発想だなぁと思いました。
こんなの家庭や田舎のワルンで出してらんないですよ。
時間もキッチンスペースも限られてるし。
 
ジャワ風のタフ・テロールのレシピでこんなのをみつけました。
Javanese Recipes:Tahu Telur
家庭でも油たっぷりで揚げながら作れば似た感じにはできるみたいですね。
ジャバニーズはジャワのとかいう意味です。ジャワ料理。(ジャパニーズではないです。念のため。)
 
周りのお客を見ているとそれなりに豆腐タワーは売れていました。
一人で入ってきたお姉さんはさすがに半分くらいで断念。食べきれずに持ち帰りしていましたよ。
 
もし、ジャカルタに行く機会があったらチャレンジしてみてください。
味はご想像通り。衣が粉っぽくないので若干軽めですが。サンバルで食べるのも美味しそう。
 

THE TASTE RESTO

GRAND INDONESIA WEST 5F JL. MH. Thamrin
 
グランドインドネシアモールはジャカルタの富裕層をターゲットにしたショッピングモール。
その西館の5階にあるレストラン街の一角にある。
この辺りはショッピングモールや高級ホテルが乱立していますが、基本地元の人向けなので、
インドネシア料理を食べたい場合、探すのに苦労するかも。
(地元の人は外食で家庭で食べられる料理は食べないよな~。和食やパスタなどが多い。)
このレストランはジャカルタの人がスマトラ島やバリ島など別の島の料理を楽しむためにあるようす。
マナドの魚料理やバリ風の料理、そしてこの豆腐タワーなど遊び心が一杯でした。
外観はカフェみたいですが料理は軽食からメインまで様々です。勿論ビンタンビールもありますよ。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る