世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > インドネシア > テンペ・ゴレン tempe goreng [揚げテンペ]
テンペゴレン インドネシアの保存食

テンペ・ゴレン tempe goreng [揚げテンペ]

テンペ・ゴレン 大豆の発酵食品のフライ テンペはインドネシアの大豆発酵食品。日本でおなじみの大豆発酵食品納豆とは発酵する菌の種類が異なり発酵しても糸が引くことはありませんが、豆と豆の間にテンペ菌が発酵した白い糸が層状に折り重なったような状態になる。知らないとカビていると見間違えそう。(テンペ菌自体が白カビの一種。)
筒状の固まりをスライスし、煮物、炒め物の具材として、また、揚げてそのまま食べます。 おかずとしてもつまみとしても抜群の食材です。

テンペの断面
テンペゴレンのプレート
テンペ・ゴレン 揚げテンペ
揚げテンペのサムネール画像
屋台でブンクスしたテンペ
テンペの醤油煮 テンペ・ケチャップ・トゥミス
テンペの醤油煮
テンペ・ケチャップ・トゥミス
テンペ・ゴレン のスナック菓子
テンペ・ゴレン のスナック菓子 中身
テンペのスナック菓子。

インドネシア料理にもっとも影響を与えた外国人は中国人です。
テンペも中国人が大豆を持ち込んだことからできた食品です。
豆もやし、豆腐、醤油なども中国からやってきました。
テンペ菌はハイビスカスやバナナの葉の裏にいる白カビの一種で、
中国からやってきた大豆がインドネシアの菌とコラボしてテンペができました。
栄養豊富で日持ちがするため、今では日常で欠かせない食材です。
 
5ミリ厚に切って天ぷら風に揚げると揚げせんべいに似ていて、
野菜料理の添え物やビールのつまみにぴったりな味わいですが、
少し厚めだと、豆の食感と風味がしっかり残り、食べ応えがあります。
調理前はアンモニア臭があるそうですが、揚げた後は気になりません。
 
ただ、やっぱり少し癖はあるので好き嫌いは分かれるかも。
市場を覗くとブロックみたいなでかい塊も売っているので
興味がある人は覗いてみるのも楽しいですよ。
 
その他のテンペの調理法としては、食材として炒め煮にしたりします。
インドネシアの甘い醤油でテンペだけを炒め煮にしたり、
彩りよく緑の野菜と合わせたり、テンペと豆腐を合わせたりと様々。
宿でお弁当を頼んだときは味付けを濃くしないといけないので、
醤油煮込みにしてありました。
 
近年はテンペ・ゴレンを模したスナック菓子も人気です。
こちらは豆だけでなく小麦粉などもまぜて揚げてあって、
日本のポテトチップなんかよりも脂っこい感じがする。
ただ豆っぽさが全面的にでている素朴な味わいなので、
ビンタンビールのつまみに買い食いするのにちょうど良いです。
プレーン味の他、ライムの葉入り、唐辛子味のピリ辛風など。
 
実は日本ではこのテンペが健康食品として売られております。
「健康に良くても納豆は苦手」って言う人は試してみるのもいいかも。
インドネシアからの輸入品しかないのかと思ったら、
日本で作っているお豆腐やさんもあるんですね~。意外でした。
テンペ菌を扱っている業者があるようで。
 

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る