世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > ラオス > ピン・カイ ping kai [焼き鳥]
ピン・カイ 焼き鳥

ピン・カイ ping kai [焼き鳥]

ピン・カイ 焼き鳥ピンpingは焼く、カイkaiは鶏肉を指すラオス語。そのまんま焼き鳥です。魚醤にニンニク、唐辛子、砂糖などを合わせてタレを作り、その中に鶏肉を漬け込んでおいてから焼いたものです。
炭火で焼くだけという単純な料理ですが、これが大ご馳走。癖になってしまううまさなのです。
日本の焼き鳥のタレ焼きよりは少しサッパリしていることと、なんといっても鶏肉のうまみが全然違います。
日本人の慣れ親しんだ味にも近いため、抵抗感なく誰でも食べられるのもポイントです。


ピン・カイとネーム 焼き鳥と焼きおにぎり
この料理はタイでは東北地方(イサーン)の料理として親しまれ、
現在ではタイ全土どこでも食べられる庶民的な食べ物です。
タイ語ではガイ(鶏)・ヤーン(炭火焼き)と呼ばれています。
ラオスはタイの東北地方と文化圏が同じなので、
料理名は違えど、食べられている料理も同じ物が多いです。
ガイヤン、ラープ、ソムタムなどがその代表的な例でしょうか。
ラオスではピンカイ、ラープ、タムマークフンとなります。
 
ピン・カイ 焼き鳥 串焼き
ラオス料理レストランでも屋台でも必ずある料理ですが、
屋台で買うと大きなバナナの葉っぱにくるんでくれるので、
その雰囲気がいいです。
また、ラオスにはブロイラーなんていないので、何処で食べても
噛んだ瞬間うまさに仰天しました。身が締まっていて美味い。
 
醤油ベースのうまみも日本人にはなじみが深いので、
よりいっそう美味しく感じるのでしょうね。
炭火焼き屋台 鶏や魚を焼く
現地の親父が集まっている大衆飲み屋では、炭火を囲んで
ラオラオ(ラオスの焼酎)で酔っぱらってる姿を見たりして。
ベトナムもそうだけど、親父の飲み方は日本とそっくりです。
(そういう店にはなぜか西洋人はよりつかない。)

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る