世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > マレーシア > アイス・バトゥ・チャンプル ais batu campur special [超豪華ミックスかき氷]

アイス・バトゥ・チャンプル ais batu campur special [超豪華ミックスかき氷]

ABCスペシャル アイスカチャンスペシャル かき氷スペシャル
アイス・バトゥais batuとは氷、チャンプルcampurは混ぜるという意味のマレー語。
氷を崩しながらいろんな具材を混ぜて、氷を溶かしながら食べるおやつ。
簡単に言うと具がたくさん入ったかき氷です。長いのでABCと略して呼んだりする。
マレー半島は一般に熱帯雨林気候に属し、夏ともなれば日差しがキツイ上に湿気も多い。
ちょっと外を歩くだけでだらだらと汗が流れていきます。
そんな気候の元で食べるかき氷ほど美味い物はない。
のどの渇きと糖分補給を引き受けてくれる美味しいおやつです。

ABCスペシャルの屋台
アイスカチャン かき氷 氷イチゴ
ババ・アイスカチャン 黒蜜シロップかき氷
ババ・アイスカチャン

かき氷は別名でアイス・カチャンとも言われます。カチャンは豆です。
日本のかき氷はシンプルにシロップだけということも多いですが、
マレーシアではいろんな種類のトッピングが用意されており、
甘く煮た豆も何種類もあります。
豆といえば小豆しかない日本のかき氷を見てマレーシア人に
「貧相だなぁ。」と驚かれている気がする。

また日本のかき氷は細かく削った氷にシロップをかけたり、
アイスクリームをのっけたりというトッピング方式ですが、
マレーシアのかき氷は、豆や寒天、チェンドルなどを器に盛りつけ、
その上に削った氷を山盛りにします。仕上げがシロップや練乳です。
従って、一見シンプルな見た目でも中にたっぷりの具が隠れている。

そして、冒頭のアイス・バトゥ・チャンプルはスペシャルなのです。
試しに頼んでみたら、とにかくなんでもあり!という勢い。

氷の下には数種類のゼリーと豆が敷き詰められます。
シロップもイチゴシロップと黒蜜と練乳の三種類という凝りよう。
さらにチェンドルの緑と粒コーンの黄色が色の妙味を加え、
頂上にはアイスクリームをトッピング。
「これでどうだ!食ってみろ!」と挑戦された気持ち。

※パンダンリーフの汁にコーンフラワーか緑豆粉を加えて作る、短いところてんのような緑色のゼリー

ところで、日本ではコーンって余りデザートには使わないため、
かき氷のトッピングに乗っていると妙な感じがします。
でもお隣のタイでもコーン入りのヨーグルトとか売っていたし、マレー半島では普通なんですね。
考えてみれば日本のスイートコーンだってコーンの身自体が甘いし、
デザートにしてもおかしくないかも。
バター醤油炒めで飲み屋で出すのも良いけど、スイーツに使っても美味しそうです。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る