世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > マレーシア > ババ・アイス・カチャン baba ais kacang [黒蜜かき氷]

ババ・アイス・カチャン baba ais kacang [黒蜜かき氷]

ババ・アイスカチャン 黒蜜シロップかき氷
アイス・カチャンはマレーシア風の豆入りのかき氷のこと。
ババbabaはプラナカンと呼ばれるマレー人と中国人の混血人のうち特に男性を指す言葉です。
つまりプラナカンの親父のかき氷ってとこでしょうか。
器にチェンドル、数種類の豆をよそった後、てんこ盛りに削り氷を盛りつけます。
仕上げはグラ・マラッカと呼ばれる天然黒糖を煮詰めた甘い黒蜜とイチゴシロップのダブルで!
一つでいろんな味を楽しめる美味しいかき氷です。

ABCスペシャル アイスカチャンスペシャル かき氷スペシャル
ABCスペシャル
緑色の物体がチェンドル。
アイスカチャン かき氷 氷イチゴ
一見ノーマルなかき氷。
勿論、具だくさん。

写真では氷の下に隠れていて写っていませんが、
チェンドルというのは、そもそもがプラナカンのデザートだそう。

チェンドルはパンダンリーフの絞り汁にコーンフラワーか緑豆粉を加えて火にかけ、
熱いうちに冷水に落として作ります。
ブツブツと短いところてんのような形をしているのはその為です。
また、緑色をしているのはパンダンリーフの絞り汁の色。
日本では余り食材に緑色を用いないため、初めて見ると驚きます。

そのチェンドルを豆やココナッツミルクなどと削り氷を混ぜた物を
そのまんまチェンドルと呼ぶこともありますし、
同じ文化圏が混じるお隣のインドネシアでもエス・チェンドルとして人気です。
(エスesというのはかき氷や冷たい飲み物の総称です。)

アイスカチャンもプラナカンデザートの一種なので、
当たり前の様にチェンドルが入っていました。
(専門屋台などでは自分でトッピングを選べますが。)

ババとわざわざ先に着いているのはこのかき氷を考案したのが
男性マスターだからです。ババだったんですね。
新聞にも載って一躍有名だったのですが今でもあるかなぁ?

黒蜜の滋味あふれる甘さといい、豆とゼリーの食感といい、
全体に日本のかき氷よりも優しい甘さに仕上がっています。
また、マレーシアの湿気のあるじっとりした暑さが味をより際だたせる。

ペラナカン親父の豆氷。是非、お試しあれ。

ところで、こちらババ・ニョニャ文化が色濃く残る、マレーシアはマラッカで食べました。
私が行った時はKEDAI ANTIK88 古玩藝廊というアンティークショップの一角でしたが、
今はどうも様子が変わっているみたいです。
ババ・アイスカチャンないかも。ババ・チェンドルやババ・ラクサが一押しのようです。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る