世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > ネパール > ドラゴンポテト dragon potato [ポテトのチリトマトソース]
ドラゴンポテト

ドラゴンポテト dragon potato [ポテトのチリトマトソース]

ドラゴンポテト ポテトのニンニクケチャップ和えドラゴンポテトは中華風の味付けにしたインドのじゃがいも料理。フライドポテトにニンニク、生姜、唐辛子、トマトケチャップなどで作ったソースを絡めたもの。
コクがあるソースがじゃがいもにしっかりとまとわりつくため、味ははっきり言って濃いが、これが妙にわかりやすくおいしい。大味なんだけど、悪くない。そんな印象です。
ご飯のおかずにはなりませんが、居酒屋で酒のつまみにでてきたらそれなりにうけると思います。

ドラゴンポテト ポテトのニンニクケチャップ和え

ネパールはお隣のインドとは経済的、文化的な関係が深い。
庶民の基本的な食べ物はスパイスを使った煮込み料理ですが、
インドからの人や物資の出入りも多いことから、
レストランのメニューにはインド料理やインド由来のものもあります。
インド風の中華料理もその一つでしょう。
 
インド人好みにアレンジされた味にはケチャップがたっぷり。
醤油にもケチャップを加えるので、甘くてしょっぱくて酸味があり、
さらにスパイスで香りや辛味をつけるので、なんだか味が複雑で濃厚。
 
私が食べたドラゴンポテトはニンニク&トマトケチャップでしたが、
醤油も加えたおなじみのインド中華ソースで和えるレシピもあります。
(ネットで調べてみてください。インドの料理番組がいっぱいでてきますよ。)
 
しかし、ネパールのもう一つのお隣には中国もいるわけで、
中国人もインド風になると中華料理の基本がトマト&醤油味になるのにはびっくりしそうですが、
日本にもケチャップたっぷりの海老のチリソースなんかがあるので、
あまり人のことはいえない。(エビチリは日本人好みにアレンジした中華。)
 
ドラゴンという名前も、わかりやすく中華という冠をつけたのか、
ドラゴンの吐く炎でもイメージしたのか、いずれにせよ、悪くないおかずです。
でもご飯にはあわない。炭水化物の固まりです。つまみならいける。
(そして、ソースが別添えで、ディップしながら食べるのがいいかも。)
 

ギリンチェ Gilingche

ギリンチェ 外観カトマンズ、タメル

カトマンズの旅行者の集まるタメル地区にあるチベット料理レストラン。
チベット料理の他、中華料理、ネパール料理などメニューも豊富。
ガイドブックにリーズナブルな店と紹介があるため、日本人だらけです。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る