世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > ネパール > タントゥク/テントゥク thantuk [チベット風平打ち煮込みうどん]
タントゥク ネパール風きしめん

タントゥク/テントゥク thantuk [チベット風平打ち煮込みうどん]

タントゥク チベット風ふとうどんタントゥクthantukとはチベットの麺料理の一つ。小麦粉に水、塩、油を加えて練って麺生地を作ります。生地を細長く麺状にのばした後、手でつぶして平べったくしたものです。
肉、野菜などを煮込んでスープを作り、その中に麺をちぎりながら入れていくため、麺生地の小麦粉がとろけ、とろみがかったスープ麺に仕上がる。
基本的に味付けはシンプルで塩のみなので、ネパールのスパイス料理に飽きた時には重宝する料理です。

タントゥク チベット風ふとうどん
岩手のぺろっこうどん
岩手のぺろっこうどん
ぺろっこうどんをにこんだところ
群馬 桐生 ひもかわ
桐生市ふる川 暮六つの
「ひもかわうどん」

この料理はしばしばチベット風きしめんと呼ばれますが、
食感としてはすいとんとかほうとうが近いと思います。
 
手で生地を適当に伸ばしてちぎるので大きさも厚みもまちまち。
さらに日本のうどんほどグルテンが多くない粉を使うのか、
もっちりとはしていますがコシはあまりありません。
煮込みスープの中に麺をそのまま投入するところもまた
すいとんやほうとうを思わせます。
 
また、一般にきしめんの規格は幅4.5~7.5mmの麺ということですが、
タントゥクはそれこそ2cmくらいはある幅広の平打ち麺です。
見た目で言うと、群馬のおっきりこみとか、岩手のぺろっこうどんの
ほうが近いです。
(でもこれらのようにツルツルしこしこの食感はない。もっさり。)
 
写真はキャベツなどの野菜の他に鶏肉、卵焼きも入った豪華版ですが、
一般家庭では滅多に肉は食卓に上がらないため、野菜のみが定番。
また、険しい山岳地帯のチベットでは調味料は少なく、
自然とシンプルな味付けになったからでしょう。
 
ちなみにインド内のチベット料理屋に行くと、インド人好みに
ターメリックやチリがはいったスパイシーな汁のこともあります。
日本人にはネパールで出てくるシンプルな味が一番なじむかも。
 
特別のごちそう感はありませんが、ダルバートが続いたあとに
これを食べると、懐かしくもあり、食が進みますよ。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る