世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > 台湾 > 黄薑豆腐 huáng jiāng dòu fǔ [生姜と厚揚げの煮物]
黄薑豆腐 huáng jiāng dòu fǔ [生姜と厚揚げの煮物]

黄薑豆腐 huáng jiāng dòu fǔ [生姜と厚揚げの煮物]

黄薑豆腐  [生姜と厚揚げの煮物]黄薑(黄姜)huan jianは生姜のこと。黄姜豆腐は客家人の独特な作り方で作られるもので、豆を煮出して豆乳から豆腐を作った後に生姜の入った水で煮て作るものだそう。
外側は黄色く堅め、中は白くて柔らかな食感の豆腐となるので、それを炒めたり、煮たりして食べます。
厚揚げを砂糖と醤油で煮た物にニンニク、生姜を効かせたような感じです。日本のお袋の味にも近く、日本人にはなじみやすい味付け。

黄薑豆腐  [生姜と厚揚げの煮物] 皿全体

客家の人たちにとっては豆腐は重要なタンパク源でもあったようです。
また、その昔、戦乱に巻き込まれながら、中国大陸北部から南部、
さらに東南アジア等へと転々と移動してきたこともあり、
客家料理の多くは、携帯に便利で日持ちがよく、塩分や脂肪分が多く、
味付けが濃いのが特徴です。
 
生姜やニンニクを使った料理が多いのもこのためかもしれません。
 
この豆腐は豆腐を揚げて厚揚げにした物に味付けをしたようにも感じましたが、
実際は豆腐を作る課程で生姜を使った物だったのかもしれません。
現在の台湾で黄薑豆腐が作られているのか、売られているかは未確認です。
 
ちょっと濃いめの味付けの豆腐ですが、生姜やニンニクの香りが鼻に抜け食欲をそそる。
しかし、豆腐の下に敷いてある豆苗が生だったのはちょっと意外でした。
香菜はともかく、野菜はあまり生で食べないと思いこんでいたので。
 

芋仔蕃薯

芋仔蕃薯の入り口
芋仔蕃薯から見た夜景

新北市瑞芳区九份崇文里市下巷18号 (02)2497-6314
 
九分にある茶芸館兼レストラン。
家庭料理の様な気取らない料理が食べられます。
昼間は窓際の席でのんびりと海を眺めながらお茶を楽しむ観光客でいっぱいですが、
夜はお客も少なく、逆に夜景独り占めのような雰囲気です。
お店のおばあさんは日本語が話せます。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る