世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > 台湾 > 清蒸石斑魚 qīng​zhēng​ shí​bān​yú​ [ハタの中華風蒸し物]
清蒸石斑魚 qīng​zhēng​ shí​bān​yú​ [ハタの中華風蒸し物]

清蒸石斑魚 qīng​zhēng​ shí​bān​yú​ [ハタの中華風蒸し物]

清蒸石斑魚 ハタの蒸し物清蒸qingzhengが蒸す、石斑魚shibanyuがハタを指す中国語。長ネギ、生姜の上に魚を載せて、酒、醤油などの少量の調味料をかけて蒸した物。
サッパリとした白身魚にコクを出すため、調味料と共に油をふりかける場合もありますが、このお店は豚の背脂と漬物と共に蒸すことで、漬物の酸味、豚の甘味と脂をプラス。特に豚の背脂は魚に脂ノリが少ない時期に入れるようです。
ハタの骨離れもよく、老若男女誰にでも好かれる味です。

石斑魚 ハタ
清蒸銀鯧魚 マナガツオのチンジャオ
清蒸銀鯧魚:マナガツオ
トウチと醤油で蒸してある

清蒸魚は海の魚だけでなく、川魚でもポピュラーな調理法です。
最も合うのは白身魚で、中でもハタはふっくらと仕上がってうまい。
魚の持ち味を最大限に生かす料理なので大事なのは魚の鮮度。
調理法がシンプルな分、ごまかしがききません。
 
高級レストランなどでは時価=高級な部類に入ってますが、
多くの場合、姿蒸しで提供することも関係します。
庶民的な海鮮料理のお店では、人数に合わせて切り身にした上で
清蒸にしてくれるため、良心的な価格になります。
 
これはご家庭でも簡単に作れますし、尾頭付きだと花があってオススメ。
お祝い料理などで作ってみるとよいですよ。
 

清蒸魚の作り方 リンク

 

好小子海鮮

好小子海鮮 外観台北市林森北路305号 tel:02-2537-2093, 2094
 
台北駅の北部エリアにある小さな海鮮料理店。
常連と思われる台北のサラリーマンで賑わっています。
店頭で食べたい魚介類や山菜と調理法を指定して注文する。
店主の高さんは材料も調理法も片言の日本語で説明してくれるし、
運良く店に娘さんがいれば日本語バッチリなので困りません。
(日本に留学していたそうです。)
何たべてもうまかったです。オーナーもサービスいいし。
次に台北いったらまたこの店に行こうと思ってます。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る