世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > 台湾 > 虱目魚丸湯 shī ​mù​ yú​ wán​ tāng​ [魚のつみれ汁]
虱目魚丸湯 shī ​mù​ yú​ wán​ tāng​ [魚のつみれ汁]

虱目魚丸湯 shī ​mù​ yú​ wán​ tāng​ [魚のつみれ汁]

虱目魚丸湯 白身魚のつみれいりスープ虱目魚shimuyuはインド洋から西太平洋に生息する大型の白身魚。台湾では台湾語のサバヒーという呼称で呼ばれる大衆魚で、南部では養殖も盛ん。このサバヒーの身をほぐし団子を作り、スープにしたものです。
淡泊ながらも脂身が多いため、味わい深く、葱や生姜、塩でシンプルに作ったスープが滋味深く、日本人にもなじみやすい味つけです。寒さに強ければ日本でも絶対養殖されたでしょうねぇ。

旗魚丸湯 カジキマグロのつみれスープ
旗魚丸湯:カジキマグロ団子汁
浮水魚羹麺 魚のつみれ入りとろみスープ麺
浮水魚羹麺
つみれ汁に麺をトッピング
伝統魚丸湯 青魚の団子スープ
九イ分の伝統魚丸湯

サバヒーは小骨が多く食べにくいことから小骨を取取り除いて
つみれにすることも多いのですが、「その骨がうまい!」ということで
養殖地の南西部では、お粥にいれたり煮魚にしたり、
骨からでるうまみを余すところたべるほうが好まれるそうです。
 
足が早い魚なので、台北等で食べると鮮度が落ちて今ひとつとか。
だからサバヒーをウリにしているお店は早朝営業にこだわっています。
高尾や台南に旅した際にはサバヒー粥やサバヒー汁を是非どうぞ。
朝食に一口すすると、空っぽの胃に染み渡るので、うまさが違います。
 
魚は骨をとるのがめんどい~って方は団子汁で。
サバヒーに限らず、港が近い町では必ず魚丸汁やさんがあります。
カジキだったり、青魚だったり、近郊の港の名物つみれです。
 
ちなみに右下の写真は九イ分の有名な魚のつみれやさんの魚丸湯。
こちらのお店の伝統魚丸湯にすると青魚のつみれ入りでした。
総合魚丸湯にするといろんな魚のつみれを混ぜてくれると思う。
台湾北部では青魚がよく水揚げされるのかも。なんの魚だろ。
 

陳家蚵捲

陳家蚵捲の外観

陳家蚵捲の注文カウンター

台南市安平路786号 tel: 06-2229661
 
安平の牡蠣巻を最初に売り出した元祖のお店。
ガイドブックにも公共の観光案内にも必ず載っています。
店内はファーストフード店の様な作りで昼時は大混雑している。
入口に置いてある注文書に数を書き込んで注文する仕組みなので、
日本人でも入りやすい。(漢字が読めない人は苦労する。)
店主のオリジナルだという商品の数々はビールのお供になるものばかりで、
店に台湾ビールがないことだけはがっかりだ。
持ち込んで飲んだりもだめなんでしょうねぇ。
お昼時は席の争奪戦になるので時間をズラした方がよいです。

 

傅統魚丸

九イ分 傅統魚丸 外観
 
九イ分の基隆街にある魚のつみれが名物のお店。
魚のつみれスープと魯肉飯が評判で、この二つを定食風に食べる人が多いです。
九イ分自体が観光地でいつも混んでいるので、この店もいつでもお客さんでいっぱいですが、
基本的に開店が早いので席が空いた瞬間にさっと食べればOK。
青魚を使った団子も臭み一つなく、さっぱりしていておいしいですよ。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る