世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > タイ > カオマンガイ ข้าวมันไก่ khao man kai [海南チキンライス]
カオマンガイ シンガポール風チキンライス

カオマンガイ ข้าวมันไก่ khao man kai [海南チキンライス]

カオマンガイ中国の海南島出身者が作ったのが始まり。日本ではチキンライス=ケチャップ炒めですが、こちらは 鶏ガラスープとショウガ、ニンニクで炊いたご飯に茹でた鶏を載せ、特製のたれをかけて食べるもの。シンプルな料理が故に味の決め手となるたれを各料理人が競い合うように様々な味に仕上げています。
シンガポールのハイナンチキンライスと全く同じですが、タイでもカオマンガイという名で人気のローカルフードです。

カオマンガイアップ

ガイトゥーンカオマンガイの茹でどりとキモ
肝はタップ・ガイ。
カオマンガイ 茹で鶏肉アップ

カオマンガイのご飯アップ
ガイ・トート 揚げ鶏 タイ風チキンカツ
揚げ鶏がご飯に載ると
カオマンガイトート。

シンガポールのハイナンチキンライスと特に顕著に違うのは「たれ」。
しょう油ベースのダークソースとチリソース、ジンジャーソース等。
別添えの数種類のたれを好みでつけながら頂きました。

タイの場合は1種類だけ。
お約束って感じに刻んだ唐辛子がごろごろ入っているのがタイっぽい。
 
このたれは甘みの強いしょう油がベースで、それにニンニク、ショウガ、
店によってはタオチオ(ミソっぽいソース)などが入っている。
コクがあってどろっとしています。
しかもタイで珍しくナムプラーじゃないのです。
 
鶏肉はシンプルに茹でただけ。
「鶏肉って茹でただけでこんなに美味しいのか」と驚きます。
 
この料理のポイントはその鶏のゆで汁。ご飯はゆで汁で炊きます。
 
もともとタイ米は香りが強い上にぱらぱらとさっぱりした後口なので、
油の甘みと鶏のうま味がしみこむと絶妙のうまさを醸し出す。
隠し味にショウガとニンニクを入れると鶏の脂もしつこくなく、
どんどん食べてしまうので、思わずお代わりしたくなる。
実際、周りのタイ人男性はお代りしてましたヨ。
 
タイの早い、安い、美味いの三拍子そろったどんぶりはこれです。絶対。
屋台から専門店まで、タイ全土に広がっているローカルフード。
是非おためしアレ。
 
家で作る場合、ブロイラーだと脂が多くてしつこいくなるので、
鶏肉の下処理(余分な油をとる)はしっかりとしてくださいね。
 
ちなみに揚げ鶏をトッピングするとカオマンガイトートになります。
(写真はご飯にのっけておらずガイトート(チキンカツ)のみです。)
カオマンガイのご飯は鶏の脂をたっぷり吸った高カロリーメシなので、
この上にさらに揚げ鶏が加わるととんでもないことになりますが、
高カロリーなものは結局美味しいので困った者です。
 
薄くスライスした鶏に衣をつけて油で揚げるので、ハイカロリー。
単品で頼んでシンハのつまみにしたほうが無難かも?(同じか。)
 

カオマンガイの作り方

材料:

鶏もも肉 300g
米(タイ米がよい) 3カップ
ニンニクのみじん切り 大さじ2
塩 小さじ1/2
水 3カップ
サラダ油 大さじ3
キュウリ 5本
パクチー 2株
 
[たれ:以下の材料を混ぜる]
醤油 大さじ1
砂糖 小さじ1
生姜(すり下ろす) 小さじ1
ニンニク(すり下ろす) 小さじ1
唐辛子みじん切り 1本
パクチー 少々
 
スイートチリソースをソースと同量の水で溶いて、
ニンニクのみじん切りを入れた付けだれも美味。

  1. 米はよく洗って水気を切っておく。
  2. 鶏肉は余分な脂を包丁で取っておく。
  3. パクチーは根と葉に分け、葉は適当な大きさにちぎる。
  4. 鍋に水をいれ、鶏肉、パクチーの根、塩を入れて茹でる。
  5. フライパンに油を引き、ニンニクを香りが立つまで炒めた後、
    米を入れてさらによく炒める。
  6. 5を炊飯器にいれ、鶏肉を茹でたゆで汁でご飯を炊く。
    (スープの量が足りなければ少し水を足す。)
  7. 4の茹で鶏とキュウリを一口大にスライスしておく。
  8. 炊きあがった鶏スープご飯に鶏肉を載せ、キュウリ、パクチーを飾って完成!
  9. お好みのたれを付けながらいただく。

 

カオマンガイ レシピ リンク

 

ガイトーン・プラトゥナーム

ガイトーンカオマンガイ店頭
ガイトーンカオマンガイ店内
ガイトゥーンカオマンガイにあったお供え
お店にあったお供え

今回掲載しているカオマンガイの写真は偶然見つけた人気店。
プラトゥーナムのガイトーン・カオマンガイのものです。
周囲に似たような店がいくつもある中で一店だけがものすごい混雑。
地元民。そして、ガイドに案内されて来た観光客。
あとはパッポンあたりのお姉さんを連れた外国人観光客。
 
「おお、知る人ぞ知る名店だ!絶対!安くて美味くてサイコー!」
 
喜びいさんで友人をソンクラーンの時に連れてきたら休み・・・。
ソンクラーンは従業員も帰省するのですね。
タイ正月だけでなく、ニューイヤーも4日くらいまで休みでした。
不定休なのでご留意ください。
 
類似店は「あれ?こんな味だっけ?」っていうぼやっとした印象。
それなりに美味しかったけど鶏がぷっくらしてなかったり。
近隣のお店は鶏以外にサテなども扱い差別化していました。
 
伊勢丹付近でお買い物される方はお昼に立ち寄るのにちょうど良い
カオサン泊なら運河ボートで「プラトゥーナム」で降りれば便利です。
ただし、地元のOLやサラリーマンに超人気の店なので昼休みを外した方が無難です。
 
場所はラチャダムリ通りを伊勢丹を左に見ながら北上し、運河を越えた後、
ぺっぶりーの交差点で右に曲がって30mくらい進んだところ。
店の手前に手前に右に曲がる路地があり、その先に運河を越える小さな橋が見える。
看板はタイ語オンリー。従業員のピンクのポロシャツと”混んでる”ことが目印
若い従業員は多少英語を介しますが、ゼスチャーで注文する方が早い。
 
最近は地球の歩き方などのガイドブックにも載っています。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る