世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > ベトナム > ムック・チィェン・ヨン mực chiên giòn [イカのカリカリ揚げ]
ムック・チィェン・ヨン mực chiên giòn [イカのカリカリ揚げ]

ムック・チィェン・ヨン mực chiên giòn [イカのカリカリ揚げ]

イカフライ海辺でイカが取れる町では必ず注文してしまうイカフライ。日本ではパン粉を付けてイカリングにして食べることも多いですが、外国では小麦粉の衣だけのフリッターだったり、リングにせずに短冊状のぶつ切りだったり、ソースがタルタルソースだったり、食べ方は様々。
ムックmực=イカ、チィェンchiên=揚げる(炒める)、ヨンgiòn=もろいという意味のベトナム語です。カリカリの衣揚げってことでしょう。ビールのつまみにカリカリイカをチリソースでどうぞ。

イカフライ アップ
洋風だとこの手のフライにはタルタルソースですが、アジアでは
大抵ケチャップ風味のチリソースが添えられてきます。この店もしかり。
このあたりはやはりベトナム料理が中華料理の影響を強く受けているゆえんでしょう。
 
生イカは、揚げたり、炒めたりして食べますが、のしいかも一般的。
町中でイカをつり下げた屋台が練り歩いていて、炭火で焼いてくれる。
 
ムック・チィェン・ヨン mực chiên giòn [イカのカリカリ揚げ]
このようにイカはベトナムの食卓や親父のつまみにに欠かせないのに
タコはあまり食べないそう。
日本人にしてみるとどっちも似たようなもんだと感じるのですが、そういう国多いですよね。
(クラゲだって食べるのに、タコはなんでだめなんだろうか。)

イイダコみたいなタコが水揚げされるところを目撃したので、
あれは加工して輸出されるのが大半かな?とも思いました。
以前、ギリシャでタコ缶を買ったことがあるのですが、あれはmade in thailandでした。
ギリシャの親父は東南アジアから送られてきたタコ缶つまみに飲むのだ。(憶測)
 
an anによるとサーモンレストランでタコ料理が食べられるそうです。
ノルウェーサーモンのお店なので外国人向け??
 

Trung Duong Restaurant

チュンユーンレストラン 入り口30 Thang 4 PhuQuoc tel:3846467
 
フーコック島のユーンドンの町はずれにあるシーフードレストラン。外国人観光客よりも地元の人の方が断然多かった。
 
Thang通りを東方向に2キロほど。大きな病院の隣にあります。
帰りは流しのタクシーが少ないので、ユーンドンのナイトマーケット付近で
待機しているタクシーを拾うといいですよ。

 

Hoang Lai フーン・ライ

フーン・ライ 外観住所:38 Ly Tu Trong Q.1 Saigon
電話:(84-8)3822-6814(12-14時/18-22時)
営業時間:12:00-15:00(L.O 14:00)/18:00-22:00(L.O21:00)
ホームページ:http://www.huonglai2001saigon.com/
 
日本人がオーナーのベトナム家庭料理レストラン。
客層のほとんどが外国人でうち半数が日本人という構成です。
家庭環境に恵まれない子供たちの訓練施設として営業していますが、
味は普通においしいです。割と一般的なベトナム料理が食べられますし、
セットメニューがあるのはオーダーが苦手な日本人にむいてるかも。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る