世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > ラオス > ラオ・ラーオ lao lao [ラオス米焼酎]
ラオス焼酎 ラオラーオ

ラオ・ラーオ lao lao [ラオス米焼酎]

ラオ・ラーオ ラオスの米焼酎ラオは酒、ラーオはラオスを指す言葉。ラオスの餅米で作った米焼酎で、タイではラオ・ローンと呼ばれています。
餅米を使っているからかほのかな甘味がありますが、癖はそれほど強くありません。しかし、アルコール度数は40度を超えるほどで、それを地元の親父はストレートでぐいぐい飲む。
旅行者はラオスの国産ビールビアラオを好んで飲みますが、たまにはこんな地酒もどうでしょう?

ラオラーオのお茶割り
緑茶で割って飲んでみた。

ラオ・ラーオは沖縄の泡盛の先祖だと言われているそう。
祭りや行事では欠かせないお酒で、小さなグラスで一気に飲み干すそう。
また町の片隅にピンカイなどの炭火焼き系のつまみと共に
ラオ・ラーオを飲ませる飲み屋があったりすると、
地元のお父さんたちが陽気に引っかけてるのを見かけます。
 

ラオ・ラーオを蒸留中
工場見学で見た蒸留行程

私が女じゃなければ混ざってみたいなぁと思うのですが、
観光客向けの綺麗な建物ではない場合が多いので、
なかなか近寄りがたい雰囲気もあります。
欧米人の観光客が新宿のしょんべん横町にやってきて
写真をバシャバシャとるのに中に入らないのと同じ。
 
ちなみにお土産にあげてみるとあまり日本の酒以外を飲まない

ラオスのラオラーオつくりの工場
実に簡素な家庭的工場。

日本のおじさんたちは「なんじゃこりゃ!」ってゆってました。
テキーラとかウォッカを飲み慣れている国の人だったら
別の感想が出るのかも。
一人だけ「現地の食べ物と合わせて飲んでみたい」とおっしゃいました。
確かに刺身をつまみにした宴会にはあわなそうです。
ラオス料理とラオスの空気があるからこそ美味い。
旅先で飲むのが一番ですね。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る