世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > タイ > カポップラー・ナムデーン กระเพาะปลาน้ำแดง [魚の浮き袋のあんかけスープ]
カポップラー・ナムデーン 魚の浮き袋のあんかけスープ

カポップラー・ナムデーン กระเพาะปลาน้ำแดง [魚の浮き袋のあんかけスープ]

カポップラーナムデーン 魚の浮き袋のあんかけスープカポップラーกระเพาะปลาは魚の浮き袋。ナムน้ำが水やリキッド状のもの、デーンแดงが赤という意味のタイ語。魚の浮き袋を乾燥させた物(or揚げたもの)を水で戻し、様々な具材と共にあんかけスープにした料理。醤油をベースにしているため赤っぽい色になります。ナムデーンを省略して単にカポプラーと呼ばれることも多い。
屋台などの手軽なお店で提供されていることが多く、魚の浮き袋と気づかずに食べている可能性があります。浮き袋は揚げてあるため、中華揚げパンの油条と勘違いするかも。

カポップラーナムデーン 魚の浮き袋のあんかけスープの具を掘り出したところ
カポップラーナムデーン 魚の浮き袋のあんかけスープに麺を投入
カポップラーナムデーン 魚の浮き袋のあんかけスープを煮込んでいる寸胴鍋
カポップラーナムデーン 魚の浮き袋のあんかけスープ屋台の調味料セット

見た目は茶色いあんかけスープというだけですが、
中を掘り出してみると意外と具だくさん。
ウズラの卵やモツ、ルアッムーという豚の血を固めたものなどが
どっさり入っており、さらにお好みで麺を足してくれます。
仕上げにパクチーが乗せられるのはお約束でしょうか。
 
スープの味つけはタイの様式といいますか薄めで、
テーブルに並んだ調味料をかけてお好みでいただく。
ただ、薄味好みの人ならチリパウダーをお好みでかける程度で
食べられるくらい下味はそれなりについてます。
 
魚の胃袋は一度揚げて水分を抜いてあるため、煮込むことで、
胃袋にスープの味がしみこみます。
噛みしめたときのジュワーという感覚が油揚げみたいです。
胃袋と知らなかったら絶対に油条と勘違いしますもん。
 
モツのコリコリした食感、ルアッムーのぷりっとした歯ごたえ、
卵のもっさりした黄身の味、じゅわーっと旨味が広がる胃袋。
さらにコリアンダーの香りが鼻に抜けて・・・と
異なる食感と味と香りを絶妙に組み合わせ。
 
熱々とろ~りとした液体が胃に染み渡る感じは、二日酔いの朝によろしい。
朝、散歩している時にみかけたら食べてみてください。
麺を加えたとしてもタイの麺はほんのちょっぴりですから
胃の負担にもならずスルスルっといけますよ。
 
このページではカポップラーと表記しましたが、カーポープラーとかカポプラーとか
日本語で記述するときは人によって違うようです。
タイ人に発音してもらった時はカポップラーって感じでしたが。
英語の発音記号的には grà-pór bplaa みたいです。
 

店主のお名前を掲げたカポプラーのお店

ヤワラーのカポップラーナムデーンのお店
カポップラーナムデーン 屋台の調理台

住所:Trok Issaranuphap, Yaowarat,Bangkok
 
ヤワラーから少し入った小さな路地Trok Issaranuphap通りに朝営業している屋台。
売っているのはカポップラーだけなので、旅行者でも指さしで簡単に注文できる。
看板に店主のお名前がタイ語で書いてありました。
(タイ人に読んでもらったのだけど発音忘れちゃいました。)
ヤワラーだけでなくトンローとかいろんなところで食べられるようですよ。
スーパーに行くと、食材コーナーにも売ってますので、自分で調理してみるのも楽しいかも。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る