世界の食べ物 a food of the world > アジア > インドネシア > クラン・ブンブ・トマッ kerang bumbu tomat [シャコ貝のトマト炒め煮]
シャコ貝のトマト炒め インドネシア風

クラン・ブンブ・トマッ kerang bumbu tomat [シャコ貝のトマト炒め煮]

クラン・ラクササ・ブンブ・トマッ シャコ貝のトマト煮クランkerangが貝、ブンブbumbuはスパイス、調味料、トマッtomatはトマトのことです。
ニンニク、唐辛子などを石臼でつぶしたものにトマトを加えて作った合わせ調味料で貝を炒め煮にした料理で、正確に言えばトゥミスtumis(炒め煮)という単語を付け加えるべきかも。
ぷりっとした貝の食感にトマトの酸味や旨味、スパイスの刺激のバランスがちょうど良く、割とどこの国の人にでも口に合うと思われる料理です。
しかし、海岸で取れたての貝を使ってたりするので、「刺身で食べられるのになぁ」と思うのは日本人の性であろうか。

赤貝のような貝のトマト煮 インドネシア
クラン・ラクササ シャコ貝 ロンボク島
↑生きてるシャコ貝
トゥミス・チュミ・ブンブ・トマッ ひいかのトマト煮
これはイカのトゥミス

冒頭の写真はシャコ貝と思われる貝を細切れにして使ってありました。
その他、赤貝に似た貝やイカなど、ぷりぷりっとした食感の魚介で
しばしばこの味付けのものを食べました。
唐辛子はあまり利かせてありませんでしたが、食べたのがマルクだったからかも。
 
シャコ貝はクラン・ラクササkerang raksasaと言います。
ラクササが「巨大な」という意味になり、英語名のジャイアントクラムと
呼び名の法則は同じです。
 
このシャコ貝、インドネシアの海を泳いでいればやたらと見つけられますが、
ワシントン条約ではシャコ貝科の全種が付属書IIに分類されており、
取引を規制しないと存続が危ぶまれるとされているようです。
貝殻も大きくて利用価値があるので乱獲されてしまったのかも。
 
貝殻の模様を見るとグロテスクで食べるのに勇気がいりますが、
でかい図体の割に味の方も普通の貝よりしっかりしていて美味しいとか。
熱帯、亜熱帯地方にしかいない貝なので、日本では沖縄で食べられます。
 
将来的に絶滅危惧種に指定されたら食べにくくなるので、
機会があったら是非食べてみてください。
 
ちなみに私がこれを頂いたインドネシアのケイ島の宿では
この稚貝?っぽい中くらいの大きさの貝殻がろうそく立てになっていた。
生きているときはグロい模様だったりするのですが、死ぬと貝殻が真っ白になります。
貝殻はよくいろんなところで見かけますよね。
まさか生きてるときがあんなにグロい模様とは想像できないなぁ。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る