世界の食べ物 a food of the world > アジア > インドネシア > ルンプット・ラウト rumput laut [海ぶどう、紅藻類、海藻]
海ぶどう ルンプットラウト

ルンプット・ラウト rumput laut [海ぶどう、紅藻類、海藻]

ラモン/ラトゥ/ラウィ-ラウィ ラウトアングール 海ぶどうの山ルンプットrumputが草、ラウトlautが海という意味のインドネシア語。海藻の総称です。
写真は日本では海ぶどうという愛称でおなじみのクビレズタ。インドネシアでは地方によって呼び名が異なり、ジャワではラトLatoh、スラウェシではラウィ・ラウィLawi-Lawi、マルクではラモン。俗称としてはラウト・アングール(海ぶどう)、ヒジャウ・キャビア(緑のキャビア)とも言われます。
生でも食べられますが、インドネシア風の料理では湯通しした海ぶどうにニンニク、玉葱、レモン汁、唐辛子などでピリ辛マリネにします。
魚料理などの付け合わせとしての栄養補給に是非どうぞ。

ルンプット・ラウト 海ぶどうのココナッツ和え
ルンプット・ラウト 海ぶどうのココナッツ和え アップ
海ぶどうのココナッツ和え
タニンバル・ケイ島で。
ラモン/ラトゥ/ラウィ-ラウィ/ラウト・アングール/海ぶどうをわさび醤油でいただく
ラモン/ラトゥ/ラウィ-ラウィ ラウトアングール 海ぶどうを市場で買った
一盛り500gくらいで40円。
紅藻類の養殖場 海の中にロープを張って結ぶ
海中に2本の杭を立てて
間にロープを張る。
紅藻類の養殖場 海の中で育てられる藻類
ロープに海藻をくくる。
これだけで養殖できる。
コットニーやオゴノリの加工場 紅藻を干しているところ
コットニーやオゴノリの加工場 紅藻がほとんど乾燥完了

最初に食べた海ぶどうはマルク諸島のケイ・クチル島でした。
日本ではほんの一握りで数百円する海ぶどうが市場で一盛り40円と
破格値で思わず買って帰って宿でつまみにしました。
湯通しした後、持参した日本の醤油とわさびで食べましたが、
市場でライムやレモンを買ってきても良かった。
 
ケイ・クチル島では、ニンニク、唐辛子、玉葱、レモン汁のマリネにする。
スラウェシで食べた方によると、ココナッツの絞り汁も加えるとか。
湯通しはしますが、ほとんど生に近い食べ方をするようです。
 
ケイ・クチル島と同じ地域のタニンバル・ケイ島で食べたものは、
湯通しというより、ボイルに近く、削ったココナッツの果肉と共に
玉葱、唐辛子、スパイス類で和えてありました。
この島でも漁師さんの現金収入の手段として海草の養殖が行われており、
島の名物として、振舞っていただいたのが右上の写真です。
 
他にインドネシアの海藻類でよく見かけるのは紅藻の仲間。
キリンサイ、コットニー、テングサ、オゴノリなどの加工用のもの。
これらの加工品は食品や伝統医学の薬剤に転用できるため、
自らの食用としてではなく、島の産業として養殖されています。
 
寒天の原料というイメージですが、その他にも様々な加工食材、
例えばアイスクリームの粘性素材や珈琲の安定剤など、
食品以外でも化粧品や歯磨き粉などにも使われるようになっており、
ほとんど世界中で需要があるわけです。
 
海藻の養殖が多い地域はリアウ、ロンボク、スラウェシ、パプア、マルク。
古いですがマルクは海藻養殖の78%を占めるという論文があったり、
東南マルク地区の投資情報を見ると、
ほとんど島中全部?と言いたくなるくらい
島を囲むように海藻の養殖場があるのがわかる。

実際、ビーチの向こうに浮かぶ浮きは「海水浴場の境界」ではなく、
紅藻の養殖場の目印であった。
 
ただインドネシアの海藻養殖は「フィリピンに遅れてる!」そうで、
ニュース記事等では「もっと力を入れるべき!」とそのマーケットの大きさを力説しておられる。
養殖場を作るのに高価な機材や技術がいらず、加工品の幅が広いので、
漁民の生活向上に大きく役立っているようだ。
 
ちなみに紅藻系が世界中に輸出されているのに対し、海ぶどうの主な輸出先は日本。
我々、本土の人間が「沖縄の食材」としてありがたがって食べるので、
近年、海外産の海ぶどうの瓶詰めも輸入されるようになっているらしい。
 
インドネシアでは20ドル/キロ程の海ぶどうが日本では100ドル/キロで
マレーシアや香港の投資家がインドネシアの海ぶどう養殖場への投資を
模索しているとかなんとか。
(ブームは一過性であっという間に廃れるのが日本なので微妙なところだ。)
 
アジア諸国でも日本食がブームになりつつあるので、インドネシア国内でも
海藻を食べられるところが増えて行くかも知れませんね。
海ぶどうの袋を下げていたら「それは健康にいいんだぞ!」と力説されたし、
健康食材としての認知度が徐々に上がっていくかも。
さらに日本人観光客が多いところで扱えば大いに喜ばれそうなのだが。
 
インドネシアってとにかく広い島嶼国家なので、離島でなかなか産業が成り立たない。
海藻はそういう意味では離島の島民の生活を救う救世主なのかもしれません。


記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る