世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > インドネシア > イー・フー・ミー yi fu mie [かた焼きそば]
イー・フー・ミー yi fu mie [かた焼きそば]

イー・フー・ミー yi fu mie [かた焼きそば]

イー・フー・ミー/タミ・ゴレン かた焼きそばイー・フー・ミーは中国の伊府麺(イーフーミェン)が変化したもの。肉や野菜を炒めて味を付けた後片栗粉でとろみをつけてあんを作り、揚げ焼きそばにとろーりとかけたあんかけかた焼きそば。日本でもおなじみの中華麺の調理法です。タミ・ゴレンtami gorengとかタミ・チャプチャイtamie capcayも呼ばれます。
ひとつの皿で揚げたて麺のさくさくとした食感と、とろ~りとしたあんが麺にしみ込んだ柔らかな食感が楽しめ、麺好きにはたまらない料理。インドネシアでは中華系食堂でどうぞ。

イーフ-ミー あんかけ堅焼きそば
平麺のイーフ-ミー
あんかけ堅焼きそば

伊府麺は小麦粉と卵をベースにした太めの麺がベースです。
 
清朝の文人官僚:伊秉綬の家(府)で保存用に揚げてあった麺を来客に
提供し、その美味しさがクチコミで広まったのが名の由来のようです。
伊家では揚げ麺のままではなくスープに入れインスタント麺のように
煮たようですが、インドネシアではかた焼きそば=イーフーメンと
言う名で定着しています。
 
写真右はジャカルタの商店街で営業していたお店のイーフ-ミー。
通りがかりに何気なく入ったお店で特に期待してませんでしたが、
平麺をカリカリに揚げたのに、あんかけをかけてくれたのが、超美味しくて驚きました。
これまで食べた日本のどのかたやきそばより、麺がうまかった。
 
中華系の中年の男女(夫婦?)がいたので、彼らが作ったと思われます。
インドネシア料理がなんでもあるようなお店だったので、
種類が多く、注文に応じて麺を揚げるところから作るのが美味しさの秘訣という感じ。
 
日本では横浜中華街にある永楽製麺所で生の伊府麺や揚げた伊府炸麺を作っていました
(一度閉店し、場所移動して再出発したとかで、同じ麺を扱ってるかは不明。)
スーパーなどでおなじみのユウキ食品で取り扱いがあります。
長崎の皿うどんなどとも食感も違いますし、食べたくなったら是非購入してみて。
 

サウン・バンボエ Saung Bamboe

サウンバンボエ入口
パサールバルの食堂
SAUNG BANBOE入口
おもちゃ屋の奥に
食堂がある。

住所:Jl. Pasar Baru No.48 Jakarta
電話;021-3813407
口コミ:インドネシアの口コミサイト該当ページ
trip adviser:トリップアドバイザー該当ページ
 
ジャカルタの商店街パサールバルを歩いていて見つけた食堂。
おもちゃ屋の奥にあるインドネシア風の装飾のお店だったが
平麺で作ったイーフ-ミーが絶品の味で超オススメ。
さくっとしながらもかたすぎず、バリバリと食べる感じではなく、
ほどよくさくさくとした食感で楽しめます。観光の合間に是非どうぞ。


記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る