世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > インドネシア > ミー・ジャラック mie jalak [そぼろ餡のせ汁麺]
ミージャラック そぼろのせ麺

ミー・ジャラック mie jalak [そぼろ餡のせ汁麺]

ミージャラック そぼろ餡かけ汁麺 アップミーmieは麺、ジャラックkalakはムクドリと言う意味のインドネシア語。鶏でとった塩味のスープにうどんのような色をした中華麺を入れた物に、挽肉、角切りの厚揚げ、葱などで作った砂糖醤油ベースのそぼろ餡ともやしをトッピングしてあります。
全体に味つけが薄めで、空きっ腹で食べるとうまみが胃に染み渡るようなじんわりしたうまさがあり、日本人はそのままでも充分うまいと感じるはずですが、お好みで別添えの青唐辛子ペーストを加えるとかなりのパンチが加わる。インドネシア人はこれを全部かけますが、まねすると危険です。

ミージャラック そぼろ餡かけ汁麺

ミージャラック そぼろ餡かけ汁麺 まぜたところ

こちらはスマトラ島北端に浮かぶウェー島サバンの名物麺。
ムクドリという名前はムクドリの巣のような見た目から来たと思ったのですが、
オーナーにちなんで名付けられたという話です。
見た目がムクドリに似てるのか、おしどり夫婦みたいな使われ方なのか、
ご本人に聞いてみないとわかりませんね。
 
中華系夫婦が切り盛りするこじんまりとしたお店で、
メニューはこの麺ひとつしかないのに、いつでも大混雑です。
麺もコシのある手打ちの生麺を使用するこだわりようです。
 
青唐辛子ペーストは、青唐辛子をすり潰しただけのものですが、
辛さはタイのプリッキーヌー級でほんの少し舐めただけでも
舌がビリビリして大変なことになります。
辛いのが比較的大丈夫な私でも小さじ1/2が限界です。
ただし、唐辛子を麺とスープにからめることで優しい味がしまり、
違った味わいになって美味しいです。
 
他にもテーブルの上にある醤油などの調味料が置いてあるため、
タイやベトナムと同じく、最初から味つけを薄めにして、
各自が好みの味に仕上げて食べられるようにとの配慮のようです。
 
サバンに行くことがあったら是非食べてみてください。
インドネシアもミーゴレンばっかりじゃないんだな~って思った。
 

プラウ・バル plau baru

プラウ・バル 外観 ミージャラックの店
JL. Perdagangan 29B Sabang, plau weh , indonesia
 
スマトラ島の北端、バンダアチェから船で1時間。ウェー島の町、サバンにあるお店。
ミージャラックの専門店。(飲み物はコーラとかいろいろある。)
注文数を告げて席に着くと、何も言わずにすっと箸を添えてくれた。
インドネシア人は皆スプーンとフォークで食べていたが、
東アジアの顔立ちをみて箸を使えると判断したらしい。
ウェー島はマラッカ海峡の入口でもあり、水が豊富にでる島だったことから戦時中は日本軍が給水のために立ち寄っていたそう。島の規模の割に町が大きいのはその立地故でしょう。
アチェは華人が比較的多いようで、インスタントではない手打ちの麺が出回っていました。
華人の食文化が現地風に変化して根付いた料理ですね。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る