世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アメリカ・カリブ海 > アメリカ合衆国 > シー・バス・ステーキ sea bass steak [スズキのムニエル]
シーバスステーキ スズキのムニエル

シー・バス・ステーキ sea bass steak [スズキのムニエル]

シーバスステーキ スズキのムニエルシー・バスはスズキ。ステーキは言わずもがな。もう日本語にもなっている英語で肉や魚を焼いた料理を指します。
写真は、幅15センチ、厚みは3センチはあろうかという巨大なスズキの切り身に
小麦粉を付けてバターで焼いたムニエル。・・・これで一人前。
付け合わせが茹でたジャガイモというところがシンプルでニクイ。

カリフォルニアワイン
カリフォルニアワイン
コンビネーションサラダ
切っただけ。茹でただけ。
ドレッシングは豊富。

ステーキというからには焼き魚だろうと思いきや
「焼く?それとも揚げる?」という質問が不思議だった。
ステーキという言葉の裏には大きめの切り身にした素材を
調理するという意味も含まれているのかなと勝手に想像した。
 
一般的にステーキとは肉や魚を焼いた物を指しますが、
実は魚をシンプルに直火で焼いて食べる調理法は、我が国を含め、
世界中を見回しても数えるほどの国でしか行われておらず、
特に西洋世界では魚を焼く=フライパンに油をひいて焼くとなる。
 
小麦粉を付けてムニエルにすれば、魚のうまみが逃げない上に
カリカリと香ばしい風味が加わって白身の魚を美味しく彩ります。
 
ところで、どでかい肉の固まりを最も食べるのはアメリカで、
その付け合せとして、大盛りの生野菜サラダが食卓の一つとして
君臨するようになったのもアメリカ人の食卓からだそうだ。
(参考文献:食いしん坊の民俗学 石毛直道 中公文庫)
 
魚のステーキというのはやっぱり肉よりヘルシーにという
発想から好まれるのだろうなぁとも思ったり。
 
ステーキ+生野菜サラダはアメリカの郷土料理ってことですかね。
 

ムッソー&フランク・グリル Musso & Frank Grill

6667 Hollywood Blvd., Hollywood CA tel: 323-467-7788
 
ハリウッドで一番古いレストランとして有名なお店。
ドレスコードが心配だったが、みんな普通にTシャツとかで来ていた。
この店に限ったことではないが、ひと皿の量が多すぎる(値段もそれなりに高い)。
日本だったらちょっとしたコース料理食べれるよなぁ・・・なんて考えちゃいけないな。
アメリカってこうなんだなぁと思えばそれなりに納得します。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る