世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > カンボジア > バァイ・リン・サイッ・クダーム bai lieng saich kdarm [蟹チャーハン]
バァイ・リン・サイッ・クダーム bai lieng saich kdarm [蟹チャーハン]

バァイ・リン・サイッ・クダーム bai lieng saich kdarm [蟹チャーハン]

バァイ・リン・サイッ・クダーム 蟹チャーハンバァイ・リンはチャーハン(バァイがご飯)。クダームが蟹というワケでほぐした蟹肉入りのチャーハンです。
炒飯、炒麺、饅頭などは華僑が伝えた外来の食文化ですが、カンボジア風に変化してすっかり根付いています。
味つけにカンボジアの魚醤トゥックトレイを使い、ハーブ類を添えるところがカンボジア風。唐辛子が少しだけ入りますが、辛すぎることもなくほどよい味つけで日本人にも食べやすい仕上がり。
お隣のタイのカオ・パットとそっくりの味です。

カンボジアの食文化は華人系住民による中華系料理、
フランス植民地時代の名残の小麦菓子やパン、
国境を接するタイ、ベトナムの食文化の要素がミックスされている。
 
元々主食が米なので、誰もが好きな味なのでしょう。
中華系屋台、食堂は勿論、大衆食堂、外国人向けレストランと
どこに行っても必ずある定番メニューです。
中華食堂では、味つけに魚醤を使わずに醤油だけを使ったりしますが。
 
麺などに比べどっしりと腹にたまるので、体力がいるカンボジア観光の合間にどうぞ。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る