スリランカ

インディアッパー indi appa [米粉の蒸麺]

インディアッパー indi appa [米粉の蒸麺]

別名ストリングホッパーといわれるスリランカの主食の一つ。
米を粉状にしたものをお湯で練った後、穴の開いた筒に入れて押し出して麺状にし、それを蒸した物。豆のカレーやサンボルなど、味の濃いおかずと一緒に主に朝食に食べられる。
油で焼いたロティよりもさっぱりしていて、食欲のない朝もするするっと食べられます。

インディアッパー 米粉の蒸し麺インディアッパー 米粉の蒸し麺

米文化のスリランカで米粉の麺

インディアッパーの朝食インディアッパーの朝食

見た目はビーフンに似ていますが、ビーフンよりコシは少ない。
ビーフンは米粉のでんぷんだけ使うことと、熱湯で湯がくので、その辺りの行程で弾力が変るのかもしれません。(勿論、米の種類もあろうかと思いますが)
 
従って、インディアッパを炒めたインディアッパコトゥは、炒めている過程で麺がぶつぶつ切れてしまい、長くてコシのある炒め麺に慣れている私には少々違和感が残る。

インディアッパコトゥ スリランカ風炒麺インディアッパコトゥ スリランカ風炒麺

また、炒めても全体的にさっぱりした仕上がりになるので、味の濃いおかずと一緒に食べてもよくあう。(スリランカのカレーは全体的にさっぱりしているが)
 
スリランカの食事は、基本的に米食+煮込み料理なので、旅行が長くなると、口当たりに変化がほしくなります。
そんな時は宿のおばちゃんに「炒めた麺がくいたい」とお願いしてみるといいですよ。