世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > 台湾 > 大餅包小餅 [餅クレープの揚餅包み]
大餅包小餅 [餅クレープの揚餅包み]

大餅包小餅 [餅クレープの揚餅包み]

大餅包小餅 餅クレープの揚げ餅包みこれは日本人なら漢字を見ただけで雰囲気は想像できる。しかし、大きな餅で包んだ小さな餅?ってなんだそりゃ。
実は揚げたおもちをクレープ状の焼いたおもちで春巻きのように包んで食べる。台北の士林美食街で大人気のお菓子です。
見た目地味ですが、食感が楽しいし、妙に後引くイケてる味で、もう一つ買っておくんだった!と後悔してしまったくらい。
しかし、この不思議な食べ物を考案したのは誰なんだろう?

大餅包小餅

揚げ餅がずらーっと並ぶ

餅皮に揚げ餅を包むところ

屋台街は同じようなメニューを出す店が多く、客足が分散する中、
ひときわにぎわっている店がこれ。
 
「なんだろー?」と覗くと、すかさず日本語メニューを差し出す大姐。
ごま、紫いも、カレー、あんこ・・・って一体なんだ?
 
店の奥では、直径1m近い大中華鍋で丸い物体をじゅうじゅう揚げている。
実はこれが揚げ餅で、その中身にあんこやごまが入っていたのだ。
 
で、それをそのまま食べるのかなぁと思ったら大間違い。
カチッかちに揚げられた揚げ餅をトンカチで叩き、
それを焼いたクレープ状の餅で包んで食べる。
揚がったおもちはきつね色を通り越こして脂っこそうだ。
 
広げたおもちに砕いた揚げ餅を載せ、シナモンを一降り。
くるくるくるっと包んで「はい、どうぞ」と差し出される。
 
・・・妙に美味い。
 
もちもちっと、カリかりっとした食感にほどよい甘さのあんこ。
しかも、揚げ餅が全然脂っこくない。
これは餅を砕くところがミソだと思う。
砕いたことで味が口の中で均等に伝わるんですよ。
うわ、地味だけどすげー。発案者相当のアイデアマンだ。これ。
 
あまりに気に入ってしまい、後日台湾旅行をした友人に土産に買ってきて貰いましたが、
気を遣った友人はアリとあらゆる種類を買ってきてくれて、消費するのが大変だった。
カレー味などの甘くない系は、その場で食べた方がよかった感じです。
外と中の食感が違いすぎで温め直すのが難しかった。
 
これはぜひ、できたてを立ち食いでほおばってきてください。
 

老士林 大餅包小餅

老士林 大餅包小餅剣たん駅前 士林美食広場 no.501
 
揚げ餅を揚げる人、餅クレープを作る人、注文を捌く人・・・と
たった1種類の商品でここまで人がいるのもなかなかない。
 
メニューを指さして注文すると大姐が品名をビニールに書いて渡してくれるので、
順番がきたらそれを包み役の小姐に渡すと、餅を選んで叩いてくるくるくるっと巻いてくれる。
完全に流れ作業だ。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る