世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > 台湾 > 過猫 guò māo [クワレシダの炒め物]
過猫 グオマオの炒め物

過猫 guò māo [クワレシダの炒め物]

過猫 豆のツルの炒め物 アップ過猫guomaoは和名ではクワレシダと言われる山菜。台湾や東南アジアでは食用としてポピュラーです。
写真はぬめりがありつるつるとしたツルを生姜、ニンニク、豚肉の細切りなどと一緒に炒めてあります。
味付けは醤油系。ニンニクだけだとこってりですが、生姜が入ると後口爽やか。台湾ではよくある味付け。唐辛子がピリッときいて、台湾ビールにぴったりのおかずです。


過猫 豆のツルの炒め物
クワレシダは暖かい地方に生える植物なので、日本では九州南部~沖縄にしか生息していません。
食べられるのは若くて柔らかい時で、育つといかにも山の中でよく見るシダの姿になります。
 

過猫 クワレシダ
直売所で売っている過猫

山菜ですが、あく抜きがいらず渋みや苦みがなく。生食もできるほど。
ただ、台湾では火を通すのが一般的な食べ方です。
豚肉や鶏などの肉類の付け合わせにすると、栄養バランス的にも、
箸休めにもぴったりのおかずです。
熱炒や大衆的な食堂の小菜の皿などで見かけたら食べてみて。
 

炒山蘇 シマオオタニワタリの炒め物
山蘇も台湾ではポピュラー

ちなみにシマオオタニワタリも台湾ではポピュラーです。
これは普通に「山蘇(シャンスー)」と呼ばれています。
こっちの方が大ぶりで山菜感が強い感じ。
シマオオタニワタリは日本では沖縄にいくと食べられます。

 

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る