世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > タイ > プーニム・トーッ・クロップ ปูนิ่มทอดกรอบ [ソフトシェルクラブのカリカリ揚げ]
プーニム・トーッ・クロップ ปูนิ่มทอดกรอบ [ソフトシェルクラブのカリカリ揚げ]

プーニム・トーッ・クロップ ปูนิ่มทอดกรอบ [ソフトシェルクラブのカリカリ揚げ]

プーニム・トーッ・クロップ ソフトシェルクラブのカリカリ揚げプーが蟹、ニムが柔らかいというタイ語で、プーニムปูนิ่มというのはソフトシェルクラブのこと。揚げるという意味のトートทอดにクロップกรอบがついてカリカリに揚げになります。
脱皮食後の殻の柔らかい蟹をカリカリに揚げてあるのですが、甲羅にかみつくとソフトでジューシーな食感。ビールのつまみにピッタリです。
付け合わせのソースは揚げ物には付き物のナーム・チム・ガイ。いわゆるスイートチリソースです。

プーニム・トーッ・クロップ ソフトシェルクラブのカリカリ揚げ2
プーニム・トーッ・クロップ ソフトシェルクラブのカリカリ揚げ 蟹にズーム
プーニム・トーッ・クロップ ソフトシェルクラブのカリカリ揚げ 蟹の断面

昔からタイの食卓には蟹が欠かせないものでしたが、
海の蟹ではなく田んぼや運河にいる淡水の蟹でした。
小ぶりなので、汁に入れたりして丸ごと食べるのが普通。
山奥の田舎でも料理に蟹が入っているのは
淡水蟹を食べるからなのですね(ソムタム・プーなど)。
 
逆に首都バンコクの海鮮料理やに行くと、脱皮したての海の蟹で
カレー炒め(プーニム・パッポンカレー)にしたりしてくれます。
 
この料理の蟹は、脱皮したてなので甲羅の幅が3センチくらい。
お腹の部分を取り除いた物を素揚げしてあります。
 
そもそもソフトシェルクラブというのは蟹の名称ではなく、
脱皮直後でカラが非常に柔らかい蟹を総称です。
揚げあがったプーニムを見ても蟹の種類はちょっとわかりません。
市場では海の蟹や汽水の蟹がたーくさん売られているので、
流通にのってスーパーやレストランに並べられるのは
これらの蟹ではないかと思います。
 
カリカリにあがった甲羅や足がクリスピーでお菓子の様。
バンコクのスワンナプーム国際空港のバーのつまみの定番でもあり、
私がいつも食べているのはそこだったりします(笑)
 
「はぁ~。旅行楽しかったなぁ~♪」と旅行の思い出にふけりながら
シンハビールをぐびぐびっと。
・・・格別です。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る