世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > タイ > クン・チュッペン・トート กุ้งชุบแป้งทอด [エビのフリッター]
クン・チュッペン・トート กุ้งชุบแป้งทอด [エビのフリッター]

クン・チュッペン・トート กุ้งชุบแป้งทอด [エビのフリッター]

クン・チュッペン・トート エビのフリッタークンกุ้ง=エビ、チュッペンชุบแป้ง=小麦粉(แป้ง)でコーティング(ชุบ)、トートทอด=揚げる。つまり、エビに衣を付けて油で揚げた料理。エビのフリッターです。
衣はアメリカンドッグの様な甘めのふわふわのものだったり、天ぷらの様に薄めのものだったりと店や作り手により異なります。中華系シーフードレストランには大抵あって、エビだけでなくプーニムと呼ばれるソフトシェルクラブを使う場合も。
エビもたれも辛くないので、子供連れの方には特にぴったり。

クン・チュッペン・トート エビのフリッター ちょっと衣厚め
↑衣が厚めでずんぐり

クン・チュッペン・トート エビのフリッター かじった後 アップ

作り方は簡単で、殻と背わたを取ったエビに衣をまぶして揚げるだけ。
そして、タイ風のスイートチリソースを準備すればばっちりです。
 
フランクフルトの様な味わいがお好みの場合、ホットケーキミックスに
卵と牛乳を混ぜて、仕上げるのも簡単でおすすめ。
 
そうでない場合は、小麦粉 大さじ2、片栗粉 大さじ1の粉に対し、
卵1個、水大さじ2、油 大さじ2、調味料(塩または砂糖など)を
混ぜて衣を作り、エビに衣を絡めて揚げます。
衣が薄めだと、さくさくクリスピーに仕上がって、超美味いです。
 
ソースは市販のスイートチリソースを使うか、
作る場合、小鍋に砂糖 3/4カップ、酢1/2カップを火にかけて煮詰め、
細かくつぶした唐辛子 2本とニンニク 3かけ、塩大さじ3/4を加えた後、
とろみがついたら火から下ろせば完成です。
 
普段食べている中華風のフリッターもソースが変ればタイ料理です。
タイで生まれたタイ中華の一つですね。
 
中華風フリッターの作り方は下記のレシピも参考にどうぞ。
中華風フリッター:オレンジページ
中華風フリッター:kurasse簡単レシピ

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る