世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アラブ・アフリカ > トルコ > バルク・エキメッキ balık ekmek [鯖サンド]

バルク・エキメッキ balık ekmek [鯖サンド]

バルク・エキメッキ 鯖サンド
バルクbalıkは魚、エキメッキekmekというのはトルコパンのこと。3枚に下ろした鯖や鰹を焼いたり、揚げたりしたものをレタス、タマネギ、トマトと一緒にトルコパン(1/2サイズ)にはさんだサンドイッチのこと。
イスタンブールのガラタ橋付近の名物で、海の上に浮かんだ船の上でもうもうと煙を出しながら魚を焼いている。
トルコで例外的に安く食べられる外食の魚で、地元民だけでなく、旅行者からの根強い人気を誇るファストフードです。

鯖サンドを作る船

イスタンブールのサバサンドは日本人旅行者にはことさら人気がある。
船の上で料理をするというパフォーマンス性もさることながら、
羊とトマトづくしのトルコ料理の口直し的な役割もあるハズ。
だって、味はまんま「サバの塩焼き」です。
「あれ?サバってパンで食べても意外といけるんだ」と、
意外な喜びを導いてくれるため、異様に取りざたされるのだと思われます。

そして、なんだかんだいってアジアから入ると意外と物価の高いトルコの旅で、
安くてお腹一杯になるサバサンドはなるべく長く旅を続けたい節約志向の旅行者にとって、
手軽で有り難い存在であったと思われます。
魚が大好きで、羊のこってり油に辟易してた時に食べればそれこそバカウマ。

塩胡椒のシンプルな青魚の脂にはきゅっと絞ったレモンの酸味と、
大根下ろしに変わる、タマネギの辛味がぴったり。

しかしこのサバサンドですが、実はしばらくの間イスタンブールから姿を消していました。
景観が悪い、不衛生というのがその理由だったそうですが、
復活した今では衛生検査を受けて合格した船だけが営業許可をもらえるそうです。
どうりで派手な民族衣装とパフォーマンスをする船があったりしたわけだ。

船の親父からサバサンドを受け取り、桟橋に並んだ椅子に座ってむさぼりくっていると、
便乗商売のジュース売りの少年が近づいてきたりして、賑やかです。
毎日が縁日みたいで楽しい雰囲気なので、一度は食べてみるとよいですよ。
(のんびり食べたければガラタ橋の下のシーフードレストランへ。高いけど。)

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る