世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > 中国 > 沙茶麺 shā chá miàn [ピーナッツ風味汁麺]
沙茶麺 shā chá miàn [ピーナッツ風味汁麺]

沙茶麺 shā chá miàn [ピーナッツ風味汁麺]

沙茶面 ピーナッツ風味汁麺沙茶shachaはサテソース=ピーナッツソースのこと。ピーナッツソースを溶かしたスープに細長い小麦麺を入れて食べる料理で、中国福建省アモイの名物料理です。
普通語では沙茶はサチャという音ですが、福建南部の言葉(閩南語)ではサテ。マレー民族の郷土料理のサテのソースが福建省にもたらされてできた「サテ麺」です。
干しエビなどでとったダシにピーナッツソースを溶いてあり、コクと甘さをプラス。なんとも癖になるような不思議な麺料理です。

月華沙茶麺 魚のつみれ入り

沙茶面 ピーナッツ風味汁麺を箸ですくったところ

黄則和花生湯の沙茶麺 10元
月華沙茶麺 のカウンター
ピーナッツペーストとごまペースト

このサテ麺はアモイに行くとそこかしこで食べられます。
軽食を扱っている食堂のメニューの一つとしてだけでなく、
専門食堂も個人経営からチェーン化したものまで様々。
 
お店によって味つけも異なり、ピーナッツが多い店は甘め。
地元民はそれぞれお気に入りの味を出す店に行くのでしょうね。
麺は半人前くらいなので小腹がすいた時にもぴったりです。
惜しむらくは麺が伸びきっていてコシが全くないことです。
日本のラーメンの麺を入れて食べたら絶対にうまいと思う。
 
具は揚げ豆腐、豚もつ、肉、油条に魚のつみれに海老など。
面白いのはどのお店でも魚のつみれの中に肉が入っていること。
なんだかアタリがでたみたいで嬉しくなります。
 
ちなみにこのサテソースが広がったのは華僑の影響です。
西洋列強が世界中に進出していたかの時代、黒人奴隷の代わりに、
労働者不足を補うために使われたのが中国人でした。
その時代は中国全土に普通語が普及していなかったので、
必然的に言葉の通じる者同士、同じ出身地の人が同じ場所に行ったそうです。
 
福建出身者の多くがインドネシア・マレーシアに渡ったことから、
マレー系の食文化であるサテが彼らから中国に伝わったようです。
沙茶麺はそのサテソースをアレンジして食文化に取り入れた例ですが、
サテそのものもアモイの人に受け入れられ、サテを売るお店も多い。
 
アモイでは拌麺(汁のない和え麺)もピーナッツソース入り。
この甘くてこってりした味がうけたんでしょうねぇ。
 
ちなみに私が最も美味しいと思った沙茶麺はサテソースはごく控えめで
スープのうまみとラー油とのバランスが最もよかった月華沙茶麺でした。
廈門に行ったらお気に入りの味を探してみてください。
 
(右下はスーパーで手に入れたごまペーストとピーナッツペースト。
 ラー油やごま油と溶いてスープに入れると沙茶面風の麺が手軽に作れます。)
 

月華沙茶面

月華沙茶麺 の外観鎮邦路78号
 
鎮邦路はアモイの繁華街である中山路と大同路を結んでいる狭い道路。
大中路から鎮邦路に入ったカーブのところにある。
沙茶麺は何軒かチャレンジしたが、最も私の好みだったのがここです。
月華というお名前のおばあちゃんが起こしたお店の様ですが、
その娘さん?らしき人が切り盛りしておりました。
店によってスープの味もトッピングもかなり違うのでお好みの味に当たればいいですね。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る