世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > インド > トゥクパ thukupa [チベット風うどん]
トゥクパ チベット風うどん

トゥクパ thukupa [チベット風うどん]

トゥクパ チベット風うどんトゥクパthukupaはチベットの汁物料理の総称。小麦粉で作った麺を獣の肉からとったスープにいれて食べるもので、スープを取った骨付きの肉がトッピングされていることが多いです。
インド北部はヒマラヤ山脈が広がり、その山を越えるとチベットです。チベットからの亡命者が多く住んでいるため、北インドを中心にチベット料理を食べることができます。チベットでは肉と言えばヤク。ですが、インドではヤク代わりにヤギ肉が入ることが多いです。
あっさりしたモノが食べたい時に意外と重宝します。

トゥクパのようなもの
ラダックで食べた平打麺。
汁物といえるのかどうか。
トゥクパ タントゥク チベット風平打ちうどん
トゥクパ タントゥク チベット風平打ちうどん ブッダガヤ
タントゥク。平打ちのトゥクパ。

インド料理、特に北インドのチャパティやナン+カレーに飽きた時、
麺料理が無性に食べたくなることがあります。
「パンに飽きたら米では?」とも言えますが、インドの米は長粒種なので、
モッチリしたうるち米を好む日本人の欲求にはあまり答えてくれません。
それよりも麺料理の方が普段知っている味に近くて和むのです。
 
トゥクパは日本のうどんのように腰がないし、ダシも違うので、
日本のうどんを期待して食べるとがっかりしますが、
味つけが薄くてシンプルなのでスパイスの味に疲れた胃には嬉しい。
 
トゥクパというのは汁物料理の総称なので、麺の太さは様々ですが、
平打ち麺のうどんを使っている物をタントゥクと表記してあることも。
タントゥク(テントゥク)はもともと北チベット地方の麺料理で、
小麦粉を練ってちぎった物を汁に投入したいわゆる団子汁だそうで、
名称などはかなりいい加減に広がっているようです。
 
また、インドなのでインド人好みの味つけの場合もあります。
私が入った山奥の小さな店では、スープに香辛料が加えられていたようで、
ターメリックの黄色い色がついていました。
おまけに店主にケチャップを渡されてびっくり。
「え?ケチャップ?」と一緒にいた日本人、アメリカ人、イギリス人までかなり驚いていた。
 
香辛料の味に慣れたインド人にはチベット料理は薄味過ぎて物足りないのかもしれませんね。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る