世界の食べ物 a food of the world

台湾

猟師さんに捕獲された猪

バブイ babui [イノシシ汁と肉・内臓の和え物]

バブイbabuiとは台湾原住民の言葉で山豚=イノシシのこと。プユマ族やアミ族などが使っています。 バブイ・シアウでイノシシ汁のことだそうで、イノシシを解体して、肉、骨、内臓などのぶつ切りと、大根、酸菜(漬物…

乾意麺 qián yì miàn [幅広和え麺]

乾意麺 qián yì miàn [幅広和え麺]

麺料理に乾qianが付くと汁麺ではなく、タレをかけて和えながら食べる和え麺のこと。意麺yi mianというのは台湾生まれの麺で、生地に1滴も水を加えず、鴨の卵と小麦粉を材料に作ります。生地の水分が少ないために練るのに…

芝麻包 ヂーマーバオ zhī má bāo 胡麻饅頭

芝麻包 zhī má bāo [胡麻饅頭]

芝麻zhimaが胡麻、包baoが饅頭のこと。胡麻饅頭です。胡麻餡を饅頭の皮で包んで蒸したいわゆる蒸し饅頭で、胡麻の香ばしさやコクに加え、絶妙な甘みとのバランスがよい。 日本では甘い中華まんと言えば小豆あんのあん…

小籠包 xiao long bao [ショーロンポー]

小籠包 xiao long bao [ショーロンポー]

その名が示すとおり小さな蒸籠で蒸す包子。薄い皮の中にスープがほとばしる肉餡が包み込まれているため、小籠”湯”包と呼ぶこともあります。 上海小吃の代表格で、台湾では上海料理店や専門の軽食店で食べられます…

山羌湯 [キョンのスープ]

山羌湯 shān qiāng tāng [キョンのスープ]

山羌shenqiangは中国、台湾に生息する小型のシカの仲間でキョンと呼ばれます。湯tangはスープのこと。キョンのスープです。 台湾の原住民族はかつて山に住む物は山から、海に住む物は海から食材を獲ており、その山で獲れ…

豆苗の炒め物 台湾

炒青菜 chǎo qīng cài [青菜炒め]

炒chaoは炒める、青菜qingcaiは青い色をした菜っぱです。 日本風の中華食堂では野菜炒めというと肉と野菜を一緒に炒めた料理が一般的ですが、中華圏では肉料理は肉、魚料理は魚がメインになっている物も多く、そんなと…

砂鍋鮭魚頭 shā guō guī yú tóu [鮭の頭鍋]

砂鍋鮭魚頭 shā guō guī yú tóu [鮭の頭鍋]

砂鍋shaguoは土鍋、鮭魚頭guiyutouは鮭の頭です。鮭の頭に衣をつけてカラリと揚げた後、油揚げ、葱、キャベツ、トウモロコシ等々の野菜や肉、魚のつみれにかまぼこなどバラエティに富んだ具と煮込んだ醤油ベースの寄せ鍋…