世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > 台湾 > 三杯鶏脚 sānbēijījiǎo [鶏肉の甘辛煮]
三杯鶏脚 鍋アップ

三杯鶏脚 sānbēijījiǎo [鶏肉の甘辛煮]

三杯鶏脚 鍋アップ 三杯sānbēiは同じ量の三杯の調味料(醤油、酒、ごま油)を用いて作る料理から来た名称。鶏脚jījiǎoは鶏の足だからもも肉ですね。
鶏の骨付きもも肉を骨ごとぶつ切りにして、土鍋に入れ、三杯で煮た料理で、唐辛子、生姜、ニンニクと九層塔といった香りの強い食材が甘辛い味を引き立てます。
白いご飯が何杯でも食べられちゃう。やみつきになるおかずです。


三杯鶏脚この料理は中国南部の江西省の名物料理。
江西省の料理は醤油ベースで、味が濃い物が多いと言われます。
台湾には漢人が移民してきたことで入ってきた料理ですが、
今では台湾料理とも言える人気ぶり。
台湾料理屋に行くと普通にメニューに載っていて割とどこでも食べられます。
 
味が濃いので台湾ビールのお供としてつまみにするのもいいですが、
それより白いご飯と一緒に汁までかきこみたいですかね~。
日本でもバジルが手に入ったときにでも是非作ってください。
(我が家では夏になんちゃって三杯鶏がよく食卓に上がります。)

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る