世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > 台湾 > 吉拿富 jínáfù [豚肉とお芋の葉包み]
ルカイ族伝統ご飯プレート

吉拿富 jínáfù [豚肉とお芋の葉包み]

吉拿富 jinafu 粟と豚肉のアバイ吉拿富jinafuは台湾原住民の伝統的なちまきの呼び名です。肉を粟などの穀類と混ぜ、月桃の葉で包んで蒸したもので、お祭りなどの特別な時に作られます。
ルカイ語ではチナブと呼ばれ、その発音から当て字が作られたのではないかと想像します。
ミンチにした肉を使っているので、肉のうまみがしっかりと粟に染みこんで、うまみを逃がしません。
観光客向けに村の食堂や民宿で食べられる他、今でも冠婚葬祭のときは豚を買い込んで作られるようですよ。(目撃しました。)


吉拿富 jinafu 粟と豚肉のアバイ
この料理は台湾南部の山岳部のルカイ族の村で頂きました。
中華料理のちまきの場合、ちまきの中身のメインは米で、
豚肉などはあくまでも具の中の一つという感じですが、
この料理は逆転しているというか、肉のつなぎに粟などの
穀類を使っているのではないかという感じです。
かといって肉がぎっしりだけど、それほど肉々しさがない。

ルカイ族のローカルご飯
同じような原住民族のちまき料理にアバイというものがあります。
こちらは米や粟のお餅の真ん中に肉の塊がおにぎりの具のごとく、
ポンとはいった物で、これはジナフよりもっと太く大きく作る。
(でも細長く作るのは一緒です。)

現在は冠婚葬祭だけでなく、名物料理として作られるようになったので、
豚肉を具にすることが一般的ですが、山で取れた獲物を調理したものですから、
山羊やイノシシなど、地域や民族によって中身も違うそうですよ。
主にルカイ族やパイワン族の村で食べられるようです。

富をつかむという当て字も演技がいい感じ。是非食べてみてください。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る