世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > 台湾 > 包子 bāozi [蒸し中華まんじゅう]
肉包 阿振肉包の肉まん

包子 bāozi [蒸し中華まんじゅう]

肉包 肉まん包子bāoziは中華圏一帯で食される点心の一種。漢字を見てわかるとおり、具を包んだおまんじゅうです。日本では一般的に中華まんと総称しています。
小麦粉を練って作った生地を広げ、中に肉や野菜などの具を入れて包んで蒸した物が最も一般的ですが、最近では蒸し焼きにしたり、様々な調理法が出てきました。
日本人が最も大好きな中華点心かもしれません。

地瓜包 南瓜まん
南瓜餡の地瓜包

包子は中華系の民族が住んでいる地域では必ずお目にかかります。
台湾は朝食専門のお店で饅頭(マントウ)を売っていたり、
マントウや包子を専門に作っているテイクアウトのお店が必ずあり、
家族の朝食にする人などダース単位で抱えて帰ります。
台湾のホテルの朝食バイキングなどではパン食の人が多いのですが、
元々蒸し饅頭を食べる習慣があるからなのでは?と思いました。
 
肉包 肉まんを持ち帰り
ちなみに我々日本人(特に女子)が台湾を訪れると、
必死になって食べまくる小籠包も包子の一種ですし、
数年前からはやり始めた上海名物の焼き小籠包も同じく。
 
ヤマザキや井村屋、中村屋の中華まんシリーズなんて、
日本で当たり前の様に食されておりますし、
当たり前過ぎて台湾で最も目に留めていなかった食べ物かもしれません。
 

しかし当たり前の物だからこそうまい。
町の人にずっと愛され続けてきたお店の包子の味といったら
もう皮がもっちもち。
具の汁があふれるほどジューシーなので適度に蒸しパンにしみこんで
これがまたうまいのなんの。
こういうの毎日食べてたらコンビニの肉まんなんて食べられないわ~。
是非、おいしいお店を見つけて食べてみてください。
 

阿振肉包

阿振肉包 鹿港の肉まんやさん住所:彰化縣鹿港鎮中山路71号
電話:04-777-2754
営業時間:9:00-19:00 無休
 
台湾中西部の古都鹿港にある包子の専門店。
鹿港には町のいろんなところで包子の専門店が店を開いており、
地元の人らしき人たちがお気に入りの店でわさわさと大量買いしていくのをみかけます。
このお店の蒸しパンの皮にはミルクパウダーが入っており、ほんのり甘い。
肉まんの塩気のある豚肉餡とよくあいます。
普段から甘い生地のパンを食べている日本人にはなじむでしょう。
 
このお店で修行した日本人が東京の世田谷でお店を開いているので、
台湾に行けない方はそちらにどうぞ。 鹿港:http://www.lu-gang.net/

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る