世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > タイ > ムー・ハン หมูหัน mu han [子豚の丸焼き]
ムーハン 子豚の丸焼き

ムー・ハン หมูหัน mu han [子豚の丸焼き]

ムーハン 子豚の丸焼きタイ語でムーหมูが豚。ハンหันは回転するとかひっくり返すという意味を持ちます。豚を丸ごと回転させながら火であぶったもの。豚の丸焼きです。タイでもお祝いごとの時に食べられます。
生後20日くらいの臭みの少ない子豚を開き、内臓などを取ってどでかいフォークの様な串に刺してスタンバイ。後はたき火の上で豪快に焼かれる。
中華料理屋だけでなく、屋台でも食べられるところがタイのすごいところ。

ムーハン 子豚の丸焼き 正面
子豚の丸焼き ムーハン 皮
削いだ豚の皮を食べる

豚皮を包むパンの薄切り
豚皮と一緒に食べるパン

豚の唐揚げ
身は唐揚げにする

豚の丸焼きは中国料理・広東料理のイメージが強い。

香港では、結婚式、仏事などの行事に欠かせないため、
香港映画で結婚式のシーンではよく並べられているし、
占いで有名な「黄大仙」に行くと、願いを叶えた人々が
神様に子豚の丸焼きを捧げてお礼参りをしているのを見かける。
(その後、勿論、持って帰って宴会料理に加えるのだそう)
 
中国では古来から豚は丸々した風貌から富裕・富の象徴として、
また子だくさんなことから多産多幸・家庭の幸せを司る動物。
お祝い事には縁起物として欠かせない食材なのである。
 
タイにはアユタヤ王朝時代に中国商人が多く流れ込み、
豚肉もその時に入ってきました。
アユタヤからトンブリーに遷都後、華僑の後ろ盾を持つ政権が立ち、
現在のバンコク周辺に中国の食文化が定着していきました。
 
そんな流れから、タイでもムーハンは中国文化そのままに
お祝いの席で食べられます。
 
子豚ちゃんの表面に油を塗り、パリパリになるまで直火焼き。
パリパリっとした皮の食感を楽しむ高級料理です。
 
直火で焼いて脂が落ちているので、身は若干ぱさぱさ。
皮を美味しく食べるためとはいえ豚は脂が美味いので、
味が抜けてもったいない・・・と思うのは庶民故でしょうか。
値段が高くなってしまうワケですよね。
それでも香港や日本で食べるよりかなり安価に楽しめます。
 
わたしの様な浮かれた観光客が喜ぶこともあり、予約なしで食べられる中華料理店もあります。
(↑というより、地元の人の利用が多いってことです。はい。)
また、驚くのがムーハン専門屋台が存在することです。
 
店を持たずに営業しているからこそ安く提供できる。
中華系の人は出すところもしめるところもきっちりしてそうだし、どちらのスタイルも流行るかも。
私は中華海鮮レストランで食べました。
海鮮レストランで豚の丸焼きを出すところがスゴイ。
 
ムー・ハン屋台の情報はバンコクナビが詳しいのでリンクします。


豚の丸焼き 焼かれる前焦げ目が付いてきた子豚ソンブーン店頭で焼かれる子豚
 

ソンブーン・シーフード

895/6-12 Chula Soi8, Bangthadthong Road, Pathumwan, Bangkok
tel: 0-2216-4203-4 , 0-2214-4927
営業時間 16:00 – 23:00 ラストオーダー22:30 無休
 
この店を紹介しないガイドブックはないバンコクのシーフードレストラン。
プーパッポンカレーの元祖として有名。
この本店の他、スリウォン、スクンビットなどに支店も多いが、値段がちょっと高かったりする。
本店はBTS国立競技場駅やフォアランポーン駅から20分くらい歩く。
 
ムーハンは2007年当時1頭900Bでしたがこの前行ったら1200Bに値上がりしてた。
5人で行っても食べるの辛かったので、大人数の時にチャレンジすべし。
いつ行っても外でムーハンを焼いているので予約なしで全然ダイジョブでした。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る