世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > インド > 南インド風フィッシュカリー fish curry
南インドのフィッシュカレー

南インド風フィッシュカリー fish curry

フィッシュカレー北インドでは野菜のカレーが中心で、肉食をする人がチキンやマトン(ヤギ)のカレーを食べるくらいですが、南や東など、海に面した地方では魚も食します。
南インドのフィッシュカレーはココナッツミルクがベースのトマト味。ココナッツミルクが魚の臭みを消し、コクを加えてくれるため、マイルドながらも非常にしっかりした味わいのカレーになる。
鯖などの青魚を使うとさらに魚の脂がとろりととろけてこれがなかなかのうまさになります。
魚のカレーって美味しかったんだなぁとしみじみした一品です。


忘れられないのはゴアのパナジにある大衆食堂のフィッシュカレー定食。
当時、たったの20ルピーでご飯とカレーが食べられたのですが、
「とにかく安くてうまいので毎日通った」と言う旅人につられ、
行ってみたらホントにびっくりしたのを憶えている。
 
これまで日本でシーフードカレーといえば海老やイカ、帆立などが中心で、
魚も白身魚を使った物が多いイメージだったが、
そうか、青魚だと鯖味噌みたいなコクがでるんだなぁとしみじみ。
今でこそサバカレーなんてものがありますが、当時は衝撃だったのを思い出します。
 
オニオンライスまた、北インドと異なり、南インドでは米食が一般的です。
白いご飯に野菜や魚のうまみが溶け込んだ煮汁をしみ込ませると
ご飯がすすんでしょうがない。
ナンやチャパティも悪くはないけど、やっぱり米がうまいです。
 
しかし、現地の人は手で上手に食べますよねぇ。
(写真はオニオンライス。オニオンライスも美味です。)
 
肉料理と同じく、魚料理もお客様が来たときなどに作るごちそうだそうです。
普段は野菜の煮込みが中心なんでしょうね。
旅行で行くと、現地の人のごちそうを毎日食べちゃって、贅沢きわまりない感じ。
 

チキンカレーちなみに右の写真はケララで食べたとあるお店のチキンカレーです。
米食が中心なのでチキンカレーも油が少なめでさらっとしたレシピです。
 
北海道のスープカレーのようにさらりとしていますが、
味のベースはトマトとジンジャーとココナッツミルクです。
 

南インドのフィッシュカレーレシピ収録本 

10分でできる南インド料理

タマネギと各種スパイスがそろえばあっという間に出来ちゃいます。
タマリンドペーストが味の決め手だったとはなるほどという感じです。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る