世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > 台湾 > 滷味 lǔ wèi [スープ煮]
滷味 lǔ wèi [スープ煮]

滷味 lǔ wèi [スープ煮]

滷味 いろんな具のスープ煮滷luは直訳するとあんかけとか煮込んだ料理をさします。滷味はスープで煮込んだ味。ルーウェイといいます。台北ナビによりますと滷は「丸ごとの鶏やアヒルなどの香料を加えた塩水や醤油」のことをいうそうです。
煮込む物は何でもアリで、肉、モツ、野菜、豆腐、練り物、麺など様々な種類の具のなかから好きな物を選ぶと、一口サイズにぶつ切りにした後、このスープで煮込んでくれます。
煮込んだ後は数種類のたれをかけて頂く。台湾の夜市や屋台では定番でしばしば行列のできる料理です。

滷味 いろんな具のスープ煮 全体

滷味 いろんな具のスープ煮の具

滷味 いろんな具のスープ煮 スープで具を煮ているところ

滷味 いろんな具のスープ煮 屋台

注文する時はお店の人からざるとトングを受け取り自ら具を選びます。
選んだ具をお店の人に渡すと、はさみなどを使って一口大にします。
食べやすい大きさであり、短時間で火が通る大きさともいえる。
 
鶏の手羽先やモツなどの生ものは一度煮てあるため温める程度。
野菜やインスタント麺はその場で火を通して煮込んでいきます。
 
おでんに似ているような気もしますが、スープは入れません。
煮込んだ具を器に盛りつけ醤油ベースのソースを絡める。
また、「これは?」「これは?」と次々に聞かれるのは辛いソースで、
言葉のわかる人は好みの味つけに調整してもらえます。
(言葉がわからずテキトウにうなずいていると激辛になることもある。)
 
今回は鶏の手羽先、豆腐、豚の心臓、インゲンなどを頼みましたが、
面白かったのは巾着です。
なんと中身は餅でも野菜などでもなく、練り物が入っていたのですが、
柔らかい白身魚の練り物を噛むと「プチプチ」いうのです。
どうもとびっこが練り込んであったらしい。食感が楽しい♪
 
初めて見た時は地味であまり美味しそうに思えなかったのですが
食べてみると意外な美味しさ。スープやたれが美味しい。
台湾の夜市は美味しい物が多いけど得てして野菜不足になるので、
これでたっぷり野菜を補うとバランスがいいです。
 
しかしこの料理、本当に台湾人に人気があります。
どこの町に行っても必ずありますよ。
(そしていつも並んでいる。煮るのに時間がかかるから。)

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る