世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > タイ > パックブン・ファイデン ผักบุ้งไฟแดง [空芯菜の炒め物]
パックブン・ファイデン ผักบุ้งไฟแดง [空芯菜の炒め物]

パックブン・ファイデン ผักบุ้งไฟแดง [空芯菜の炒め物]

パックブン・ファイデン 空心菜の炒め物パックブンผักบุ้ง=空心菜(エンサイ、アサガオナ、ヨウサイ)。ファイディンไฟแดง=赤い火。調理する時に赤い炎があがるのでこの名が付いたそうだ。
空心菜は熱帯アジア原産の中国野菜で中国南部~東南アジア~インドを中心に広く栽培されている。最近は日本でも売られていますが、冬は育ちません。逆に葉菜の取れない夏のアジアで重宝された野菜。調味料にタオチオを使うのがタイ風です。

パックブン・ファイデン 空心菜の炒め物2
パックブン・ファイデン 空心菜の炒め物3
パックブン・ファイデン 空心菜の炒め物4

空心菜は、茎がストローの様に空洞になった野菜で、
葉にわずかにぬめりがあり、茎がしゃきしゃきとしている。
アクもないのでシンプルに炒めるのが最も適しています。
 
タイの中華系食堂では、タイ風、中華風の味つけが選べることが多い。
中華風はニンニクと共に直火でさっと炒めたシンプルな味。
 
タイ風の味つけは、タイの味噌ともいえるタオチオでコクをだし、
プリッキ-ヌ(唐辛子)で色味と辛みをプラス。
干しえびやメコンウイスキーを使う場合もあるとか。
(写真は上二つがタイ風、下二つが中華風の味つけ)
 
強火でさっと炒め、歯ごたえよく、綺麗な緑色に仕上げるのがポイント。
日本では、京野菜コーナーに売ってたりもしますし、
病害虫も少なく、夏の暑さにも強いのでプランター栽培もできます。
空心菜のタネは200円以下で購入できます。
 

パックブン・ファイデンのレシピ リンク

簡単 タイ料理 空芯菜の炒め物 by ☆りおん
空心菜いため:チェンマイ在住ライター岡本真理さんのサイト

 

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る