世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アジア > タイ > ネーム・ヤーン แหนมย่าง [発酵ソーセージの炭火焼き]
ネームヤーンをかじったところ

ネーム・ヤーン แหนมย่าง [発酵ソーセージの炭火焼き]

ネームヤーン 発酵ソーセージの炭火焼きネームแหนมは発酵ソーセージ、ヤーンย่างは焼くという意味のタイ語。発酵ソーセージの炭火焼きのことです。
豚のミンチ肉に唐辛子、ニンニク、お米などを混ぜて発酵させて作ったもので、これを腸詰めにするとサイクローク(サイが腸、クロークが詰める)。屋台で売ってるネームはビニールに詰められていたりします。
スライスしてサラダに混ぜたり、焼いてカオニャオ(蒸した糯米)と一緒に食べたりと、食材としてもおかずとしても万能です。ちょっとした酸味がおつまみにもぴったり!


ネームヤーン 発酵ソーセージの炭火焼き
これはタイの東北地方の料理です。
冷蔵庫などのない山の中で食材を腐らせずに保たせるためには
発酵技術が欠かせなかったからでしょう。
 
タイだけでなく、ラオスやベトナムなど周辺国でもポピュラーですが、
ベトナムの発酵ソーセージはもっと酸っぱく、もっと香辛料が利いていて、
慣れない日本人はなかなかがぶりといけるものでもないのですが、
タイのイサーン料理はまず炭火焼きにしたときのたれが
甘辛い醤油のような味なので、日本の焼き鳥ににた郷愁が漂います。
 
カオニャオ 蒸した糯米
甘辛いたれとほんのりと利いた酸味、豚の脂や肉のうまみのバランスがよく、
私はガイヤン(焼き鳥)よりもこっちの方が好きかも知れません。
炭火焼き屋台はタイ全土でみかけますので、チャレンジしてみてください。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る