世界の食べ物 a food of the world
世界の食べ物 a food of the world > アラブ・アフリカ > トルコ > ラフマジュン lahmacun [トルコ風薄焼きピザ]

ラフマジュン lahmacun [トルコ風薄焼きピザ]

ラフマジュン ラフマジュンはアラビア語源の肉付パンのことで、一部の地域ではエトリ・エキメッキとも呼びます。
薄く伸ばしたパン生地に羊の挽肉、タマネギ、パセリのみじん切りと好みの辛さの唐辛子を乗せかまど(フルン)で焼いた物。トマトのみじん切りを乗せることもあります。
食べる時にはレモンを絞り、ミントの葉を添えて。焼きたてがパリッパリで超おいしい。そのままや生野菜を乗せてくるくると巻いて食べたりします。

チョバン サラタス 野菜の角切りサラダ
チョバンサラタス:野菜サラダ
ペイニルリ・ピデ チーズ乗せピデ
ペイニルリ・ピデ:チーズ・ピデ

トルコのパンにピデと呼ばれる平たく焼かれたパンがありますが、
このパンはそのままパンとして食べたり、ラフマジュンの様に、
具を乗せてオーブンで焼いたりして食べられています。

具乗せピデはラフマジュンと同様によく「トルコ風ピザ」と例えられますが、
ピデは生地が1~2cm程の厚みがあるのに対し、ラフマジュンは極薄。
焼きたてをかじるとパリっ、ほろりと口の中で崩れ落ちるのです。

ピデには専門のお店がありますが、ラフマジュンはありません。
通常、ケバブシュと呼ばれる焼き肉屋においてあるので
食べたくなったら焼き肉屋にGO!です。
家庭の主婦は手作りするので、運良くトルコ人の知り合いでもできたら
ママにねだってみたりして(笑)

野菜をくるくると巻いてラップサンドの様にして食べるも可。
そのまま酒のつまみにベスト!!と思った料理でもありまーす♪
イスラム国家なのに酒が飲める国なだけにできちゃう業!
生地から作るのはちょっとめんどくさいところもありますが、
焼きたての熱々をパリパリと食べるためにも是非どうぞ。

ラフマジュン レシピ リンク

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る